パナソニック東京汐留ビル[大規模ZEB]

省エネチューニングによる運用で、エネルギー削減を毎年継続していきたい。ビルのエネルギーソリューションパナソニック東京汐留ビル [大規模ZEB]

ZEB実現への課題

ライフサイクルコストを考えて消費エネルギーを毎年削減。

ビルを重要な社会資本ととらえ、建設時から解体までの運用コストを考えて、長期にわたってビルの価値を維持していく、ライフサイクル・コスト・マネジメント(LCCM)という考え方が主流になっています。さらに、2010年の改正省エネ法では、対象となる企業では毎年1%の消費エネルギー削減が義務づけられています。
2003年1月に竣工したパナソニック東京汐留ビルは、優れた耐震性とリニューアルへのフレキシビリティを備えた「100年建築」として計画されました。ビルは、自然エネルギーを活用する高断熱の躯体と無柱大空間の基準階執務室を擁し、当時考えられる先進の省エネ機能を装備。将来のネット・ゼロ・エネルギーを追求できるビル設備が求められました。また、竣工時から設備の高効率運用を続けることで、継続的な消費エネルギーの削減を目指し、お客様へのご提案の実証実験の場とすることも計画されました。

ビル全体の使用電力量(昨年度のピークと比較できる)。

ビル全体の使用電力量(過去の電力ピークと比較できる)

取り組み

照明・空調・電力など約5,000ポイントのデータを分析して省エネチューニング。

ビルのエネルギーを最適にマネジメントするためには、省エネ設備機器を常に良好に維持管理し、新規の省エネ運用対策の掘り起こしだけではなく、すでに取り組み済みの省エネ対策の運用も維持継続していく必要があります。 当ビルでは社内外の専門家による省エネ専門委員会を設置。照明、空調、コンセント別の電力量に加え、空調熱量、圧力、冷温水流量、温度など、約5,000ポイントの計測・計量データを収集・蓄積し、このデータを分析してチューニングを行い、継続的な省エネ活動を行っています。
たとえば外光が入る昼間の執務室では、明るさセンサで検知し照度を500 lxに抑えたり、不在時には消灯制御。空調では設定温度の見直しや運転時間帯の見直しを実施。さらに、PCや複合機の設定見直しなど、さまざまな対策を実行しています。また、ビル4階のロビーには、現在のエネルギー使用量がリアルタイムに把握できるデジタルサイネージを設置して「見える化」。ビル内の照明器具もすべてLED化しました。
省エネ専門委員会では、専門家の参画により、きめ細かな省エネアイディアを数多く立案。毎月半日をかけて、10名程度のメンバーで計測データをもとにエコチューニングツール「SatToolクラウド」を駆使することで改善の余地を検討し、毎年着実にエネルギー消費を削減してきました。2011年には「チャレンジ50プロジェクト」を立ち上げました。これは、省エネだけでなくオフィスにおける生産性や快適性を追求するプロジェクトです。

照明、空調、コンセント別の電力量に加え、空調熱量、冷温水流量、温度など約5,000ポイントの計測・計量データを分析。

照明、空調、コンセント別の電力量に加え、空調熱量、冷温水流量、温度など約5,000ポイントの計測・計量データを分析

社内外の専門家によって組織された省エネ委員会が改善の余地を検討。

社内外の専門家によって組織された省エネ専門委員会が改善の余地を検討

効果

50%削減の目標を5年前倒しで達成し、より高い目標に挑戦。

毎年、省エネチューニングを繰り返し、消費エネルギーを削減し続けることで、2013年度には建物全体で、竣工初年度比約50%の省エネを達成しました。
チャレンジ50で掲げた50%削減の目標を5年前倒しで達成した現在、「ビヨンド50」続いて「サスティナブル50」プロジェクトに取り組んでいます。
これにより、照明だけでなく、空調などとも連携させることで、快適でありながら知的生産性の高いオフィス環境を追求していきます。

 2013年度には、チャレンジ50の目標を5年前倒しで達成。

2013年度には、チャレンジ50の目標を5年前倒しで達成

パナソニックが追求するZEB
メールでのお問い合わせ

ソリューションに関する営業お問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。

PAGETOP

アンケートにご協力ください。

皆様に今後よりサービスを快適にご利用いただけるよう、
ご意見やご感想をお伺いするためのアンケートを実施しております。
皆様の貴重なご意見をお聞かせください。

アンケートに参加する