電気の基本:電力・電力量

電力

電力P(W) = 電圧E(V) × 電流I(A)

P:電力 [W:ワット]

電気の仕事の単位で、電圧と電流を掛けたものです。

I:電流 [A:アンペア]

電気製品の持つ抵抗によって流れる量は変わります。

E:電圧 [V:ボルト]

家庭では100V(200V)で使われています。

電力量

電力量(Wh) = 電力P(W) × 時間t(h)

電力量 [Wh:ワットアワー]

電力を使用した量のことです。電力Pと使用した時間tで決まります。

電力代の算出

100Wの電球を1時間使用すれば、電力量は100(W)×1(h)=100Whとなります。

例)0.1kWh×25 ≒ 2.5円 とした場合:
100Wh = 0.1kWh × 25 ≒ 2.5円

※単価25円/kWh(税抜)[日本照明工業会 ガイドA139]で計算

電力・電流の計算

【Q】15Aの定格のコンセントには何Wまでの電気製品をつなぐことが出来るでしょうか。

電力P=電圧E×電流I

=100V×15A
=1500W

【A】一般家庭の電圧は100Vですので、1500Wまでの電気製品を使用することが出来ます。

【Q】60Wのダウンライトを3台、一つの回路につないでいる時、その回路には合計何アンペアの電流が流れていますか?

電流I=電力P×電圧E

=180W÷100V
=1.8A

【A】60Wが3灯ですので、その回路には合計180Wの負荷が接続されていることになります。
一般家庭の電圧は100Vですので、答えは1.8Aとなります。
※ただし蛍光灯の場合は力率が関係するためこの通りではありません。