InternetExplorer11 (以下 IE11)をお使いの方へ
本サイトはIE11のご利用は可能ですが、閲覧・動作に支障が生じる場合がございます。
Microsoft EdgeGoogleChromeのご利用をお願いいたします。

事例を検索する

閉じるボタン
  • 建物分類
    指定なし
  • 地域
    指定なし
  • 部位
    指定なし
  • 採用商品
    指定なし
  • 竣工年・
    オープン年
    指定なし
  • キーワード
  • 医療・福祉施設
  • 大阪府
  • 手術室・診察室・施術室
  • 病室
  • 外観・ファサード

大阪府立病院機構 大阪国際がんセンター

大阪国際がんセンター(旧大阪府立成人病センター)は、創設来50有余年にわたって、患者様の目線にたった最先端の医療を提供されてきましたが、建屋の老朽化に伴い、2017年3月に新築・移転されました。

■納入機器
Space Player 2000lm 床置きタイプ×4台
ホスピタルコンフォート

手術室・診察室・施術室

■リハビリにおけるメンタルケア空間の演出にスペースプレーヤーを導入
 リハビリテーション科では、毎日約150人の患者様がリハビリに取り組んでおられます。がん患者の方は、心理的ストレスをもっておられるケースが多く、身体リハビリテーションと合わせてメンタルケアが重要となります。そのため、同センターのリハビリテーション科では、以前からリハビリ空間に癒し効果を取り入れるために、天井面に絵画を飾る構想を持っておられました。 今回、病院を移転、新築する際に建設会社様から当社のスペースプレーヤーのご紹介があり、導入頂くことになりました。

■採用機器・使用場所
採用機器:Space Player2000lmタイプ床置き型
使用場所:リハビリルーム
使用方法:天井面に風景コンテンツを投映

手術室・診察室・施術室

■リハビリにおけるメンタルケア空間の演出にスペースプレーヤーを導入
 リハビリテーション科では、毎日約150人の患者様がリハビリに取り組んでおられます。がん患者の方は、心理的ストレスをもっておられるケースが多く、身体リハビリテーションと合わせてメンタルケアが重要となります。そのため、同センターのリハビリテーション科では、以前からリハビリ空間に癒し効果を取り入れるために、天井面に絵画を飾る構想を持っておられました。 今回、病院を移転、新築する際に建設会社様から当社のスペースプレーヤーのご紹介があり、導入頂くことになりました。

■採用機器・使用場所
採用機器:Space Player2000lmタイプ床置き型
使用場所:リハビリルーム
使用方法:天井面に風景コンテンツを投映

手術室・診察室・施術室

■リハビリにおけるメンタルケア空間の演出にスペースプレーヤーを導入
 リハビリテーション科では、毎日約150人の患者様がリハビリに取り組んでおられます。がん患者の方は、心理的ストレスをもっておられるケースが多く、身体リハビリテーションと合わせてメンタルケアが重要となります。そのため、同センターのリハビリテーション科では、以前からリハビリ空間に癒し効果を取り入れるために、天井面に絵画を飾る構想を持っておられました。 今回、病院を移転、新築する際に建設会社様から当社のスペースプレーヤーのご紹介があり、導入頂くことになりました。

■採用機器・使用場所
採用機器:Space Player2000lmタイプ床置き型
使用場所:リハビリルーム
使用方法:天井面に風景コンテンツを投映

手術室・診察室・施術室

■リハビリにおけるメンタルケア空間の演出にスペースプレーヤーを導入
 リハビリテーション科では、毎日約150人の患者様がリハビリに取り組んでおられます。がん患者の方は、心理的ストレスをもっておられるケースが多く、身体リハビリテーションと合わせてメンタルケアが重要となります。そのため、同センターのリハビリテーション科では、以前からリハビリ空間に癒し効果を取り入れるために、天井面に絵画を飾る構想を持っておられました。 今回、病院を移転、新築する際に建設会社様から当社のスペースプレーヤーのご紹介があり、導入頂くことになりました。

■採用機器・使用場所
採用機器:Space Player2000lmタイプ床置き型
使用場所:リハビリルーム
使用方法:天井面に風景コンテンツを投映

手術室・診察室・施術室

■リハビリにおけるメンタルケア空間の演出にスペースプレーヤーを導入
 リハビリテーション科では、毎日約150人の患者様がリハビリに取り組んでおられます。がん患者の方は、心理的ストレスをもっておられるケースが多く、身体リハビリテーションと合わせてメンタルケアが重要となります。そのため、同センターのリハビリテーション科では、以前からリハビリ空間に癒し効果を取り入れるために、天井面に絵画を飾る構想を持っておられました。 今回、病院を移転、新築する際に建設会社様から当社のスペースプレーヤーのご紹介があり、導入頂くことになりました。

■採用機器・使用場所
採用機器:Space Player2000lmタイプ床置き型
使用場所:リハビリルーム
使用方法:天井面に風景コンテンツを投映

手術室・診察室・施術室

■リハビリにおけるメンタルケア空間の演出にスペースプレーヤーを導入
 リハビリテーション科では、毎日約150人の患者様がリハビリに取り組んでおられます。がん患者の方は、心理的ストレスをもっておられるケースが多く、身体リハビリテーションと合わせてメンタルケアが重要となります。そのため、同センターのリハビリテーション科では、以前からリハビリ空間に癒し効果を取り入れるために、天井面に絵画を飾る構想を持っておられました。 今回、病院を移転、新築する際に建設会社様から当社のスペースプレーヤーのご紹介があり、導入頂くことになりました。

■採用機器・使用場所
採用機器:Space Player2000lmタイプ床置き型
使用場所:リハビリルーム
使用方法:天井面に風景コンテンツを投映

病室

ホスピタルコンフォート
間接ベース照明・パーソナルライト内蔵タイプ

病室

ホスピタルコンフォート
間接ベース照明・パーソナルライト内蔵タイプ

病室

ホスピタルコンフォート
間接ベース照明・パーソナルライト内蔵タイプ

病室

ホスピタルコンフォート
間接ベース照明・パーソナルライト内蔵タイプ

病室

ホスピタルコンフォート
間接ベース照明・パーソナルライト内蔵タイプ

病室

ホスピタルコンフォート
間接ベース照明・パーソナルライト内蔵タイプ

病室

ホスピタルコンフォート
間接ベース照明・パーソナルライト内蔵タイプ

外観・ファサード

外観

建物分類
医療・福祉施設
都道府県
大阪府
施主
地方独立行政法人大阪府立病院機構(発注者)、株式会社大阪メディカルサポートPFI(事業者)
設計
日本設計 竹中工務店共同企業体
監理
株式会社 日本設計
施工
株式会社 竹中工務店
電気工事
西日本電気システム株式会社
竣工
2016年11月
特徴
大阪国際がんセンター(旧大阪府立成人病センター)は、創設来50有余年にわたって、患者様の目線にたった最先端の医療を提供されてきましたが、建屋の老朽化に伴い、2017年3月に新築・移転されました。

■納入機器
Space Player 2000lm 床置きタイプ×4台
ホスピタルコンフォート
採用商品

照明