納入事例集 (照明器具) 物件詳細: ひろぎんホールディングス 本社ビル

InternetExplorer11 (以下 IE11)をお使いの方へ
本サイトはIE11のご利用は可能ですが、閲覧・動作に支障が生じる場合がございます。
Microsoft EdgeGoogleChromeのご利用をお願いいたします。

事例を検索する

閉じるボタン
  • 建物分類
    指定なし
  • 地域
    指定なし
  • 部位
    指定なし
  • 照明手法
    指定なし
  • 竣工年・
    オープン年
    指定なし
  • キーワード
  • 商業施設
  • オフィス
  • 広島県
  • 外観・ファサード

ひろぎんホールディングス 本社ビル

広島銀行など8社を傘下に置く「ひろぎんホールディングス」は、「銀行」「金融」という枠を超え、幅広いニーズや課題に対応できる〈地域総合サービスグループ〉として2020年10月に生まれ変わり、2021年5月に新本社ビルがグランドオープン。
ビルの1階にはカフェ、イベントスタジオ、地域産品等の販売など、にぎわいと多様な交流を創出する場として市民に親しまれている。
外観の特徴となっている、建物の四隅に配置した自然換気を促す「風の塔」(エコボイド)のライトアップを行うことによって「光の塔」をつくりだし、夜のまちの賑わいを演出した。
内部空間はさまざまな用途や機能に合わせ、省エネと快適性を両立させた照明計画となっている。

外観・ファサード

昼間の外観写真

外観・ファサード

鉄骨下面のみを照らし上げるライトアップ計画をすることで、建物近くから見上げた際には光の面がしっかりと連続して見えながらも、遠くからは光の面がほとんど見えないように工夫を行うことで、まちの賑わいと景観考慮という両面を両立させた「光の塔」を演出した

外観・ファサード

鉄骨下面のみを照らし上げるライトアップ計画をすることで、建物近くから見上げた際には光の面がしっかりと連続して見えながらも、遠くからは光の面がほとんど見えないように工夫を行うことで、まちの賑わいと景観考慮という両面を両立させた「光の塔」を演出した

外観・ファサード

鉄骨下面のみを照らし上げるライトアップ計画をすることで、建物近くから見上げた際には光の面がしっかりと連続して見えながらも、遠くからは光の面がほとんど見えないように工夫を行うことで、まちの賑わいと景観考慮という両面を両立させた「光の塔」を演出した

外観・ファサード

鉄骨下面のみを照らし上げるライトアップ計画をすることで、建物近くから見上げた際には光の面がしっかりと連続して見えながらも、遠くからは光の面がほとんど見えないように工夫を行うことで、まちの賑わいと景観考慮という両面を両立させた「光の塔」を演出した

外観・ファサード

鉄骨下面のみを照らし上げるライトアップ計画をすることで、建物近くから見上げた際には光の面がしっかりと連続して見えながらも、遠くからは光の面がほとんど見えないように工夫を行うことで、まちの賑わいと景観考慮という両面を両立させた「光の塔」を演出した

外観・ファサード

鉄骨下面のみを照らし上げるライトアップ計画をすることで、建物近くから見上げた際には光の面がしっかりと連続して見えながらも、遠くからは光の面がほとんど見えないように工夫を行うことで、まちの賑わいと景観考慮という両面を両立させた「光の塔」を演出した

外観・ファサード

鉄骨下面のみを照らし上げるライトアップ計画をすることで、建物近くから見上げた際には光の面がしっかりと連続して見えながらも、遠くからは光の面がほとんど見えないように工夫を行うことで、まちの賑わいと景観考慮という両面を両立させた「光の塔」を演出した

外観・ファサード

鉄骨下面のみを照らし上げるライトアップ計画をすることで、建物近くから見上げた際には光の面がしっかりと連続して見えながらも、遠くからは光の面がほとんど見えないように工夫を行うことで、まちの賑わいと景観考慮という両面を両立させた「光の塔」を演出した

外観・ファサード

鉄骨下面のみを照らし上げるライトアップ計画をすることで、建物近くから見上げた際には光の面がしっかりと連続して見えながらも、遠くからは光の面がほとんど見えないように工夫を行うことで、まちの賑わいと景観考慮という両面を両立させた「光の塔」を演出した

外観・ファサード

鉄骨下面のみを照らし上げるライトアップ計画をすることで、建物近くから見上げた際には光の面がしっかりと連続して見えながらも、遠くからは光の面がほとんど見えないように工夫を行うことで、まちの賑わいと景観考慮という両面を両立させた「光の塔」を演出した

外観・ファサード

外観まわりの植栽をライトアップ

関連情報

LIGHTING STYLEにも公開しております。詳細はこちらから。

建物分類
商業施設/オフィス
都道府県
広島県
施主
株式会社広島銀行
設計
株式会社日建設計
施工
広島銀行新本店ビル新築工事共同企業体
電気工事
株式会社中電工
竣工
2020年12月
特徴
広島銀行など8社を傘下に置く「ひろぎんホールディングス」は、「銀行」「金融」という枠を超え、幅広いニーズや課題に対応できる〈地域総合サービスグループ〉として2020年10月に生まれ変わり、2021年5月に新本社ビルがグランドオープン。
ビルの1階にはカフェ、イベントスタジオ、地域産品等の販売など、にぎわいと多様な交流を創出する場として市民に親しまれている。
外観の特徴となっている、建物の四隅に配置した自然換気を促す「風の塔」(エコボイド)のライトアップを行うことによって「光の塔」をつくりだし、夜のまちの賑わいを演出した。
内部空間はさまざまな用途や機能に合わせ、省エネと快適性を両立させた照明計画となっている。
採用商品

照明