統合監視システム ESU-BA(エスーバ)

中央監視設備と照明制御を一体化した、統合型センター装置で設備操作性の向上を実現。
従来は照明、中央監視、空調などのセンター装置が分離されていたため、建物内設備を効率よく運営管理することができませんでした。建物内設備を長年手がけてきたパナソニックがご提案する「ESU-BA(エスーバ)」は統合型センター装置1台で、照明・電気・空調・動力・防災・入退出設備などすべての建物内設備の監視・制御が可能です。

中央監視設備と照明制御を一体化した、統合型センター装置で設備操作性の向上を実現。

特長

  • 1.シンプルな操作性
    共通の操作画面を実現したことにより、
    運用や使いがってが大幅に向上しました。

    1.シンプルな操作性

  • 2.コストを低減
    センター装置が1台だけなので、イニシャルコストの低減が可能です。

    2.コストを低減

  • 3.シンプルなエネルギーマネジメント
    BEMSやBMS機能の搭載により、サブシステムの設置が不要となります。

    3.シンプルなエネルギーマネジメント

ESU-BAのWEBカタログ

オプション

【テナントBAサービスサーバ】
テナントBAサービスサーバで、ESU-BAの一部の機能を建物入居者が操作できます。 建物入居者の汎用パソコンやタブレット端末やスマートフォンから、照明や空調の設備機器の監視・制御ができるサブシステムです。

テナントBAサービスサーバー

  • テナントBAのWEBカタログ
  • テナントBAサービスサーバーアプリ デモ画面
【BMSセンター装置】
BMSセンター装置で、きめ細やかな設備管理が可能です。 設備の管理保全、エネルギー管理、光熱費管理など、ビル運営管理に必要な情報を提供するサブシステムです。
(※光熱費管理機能はESU-BA総合型センター設置に搭載されております。光熱費管理以外のBMS機能をご要望の際はBMSセンター装置が必要です。)

設備台帳登録画面イメージ

  • WEBカタログ