街路灯リニューアル用ポール「QQポール」導入前点検リスト

閉じる

既存のポールの強度を十分チェックした上でご採用ください。

このチェックリストは事前調査(完成図書、図面などの資料による)と現場調査を行うことにより、QQポールの施工が可能であるかを診断するものです。ご採用・購入前には必ず実施してください。

  • 参考資料:社団法人 日本照明器具工業会「鋼製照明用ポール点検・診断のおすすめ」JLA1018
着手前のご注意
外観はきれいに見えてもポールの中やコンクリートの基礎が劣化している場合があります。
お施主様に現在の状況を十分ご説明いただき、ご同意を得た上で施工してください。

チェックリスト

  • QQポールを使用する前に下のチェックリストを確認してください。10の項目がすべてOK(Yes)であることが必要です。

1.埋込式鋼管ポールであること

  • ベース式はNG
  • 対象外

    • ベース式
    • テーパーポール
    • アルミポール

テーパーポールとは

  • 道路照明などに使われる先端にいくほど細くなっているポールです。

  • 上が細くて下が太い

YESなら次へ進む

次へ

2.リニューアル後のQQポールの高さが既設ポールの高さ以下(最大4.5m以下)であること

既設ポール高さ以下(最大4.5m)

YESなら次へ進む

次へ

3.ポール下径部がφ114.3〜165.2であること

  • ポール下径部がφ114.3〜165.2
  • 下径部とは

    2段ポールの場合は下の太さです。

YESなら次へ進む

次へ

4.クラックがないか確認(※)

  • クラックがあるとNG
  • コンクリート基礎の表面状態を把握してください。

    ※土砂、砂利、インターロッキング、アスファルト、芝生などがある場合は、一時的に除去してください。

YESなら次へ進む

次へ

5.ポールを揺すって明らかなぐらつきやスキマがない

YESなら次へ進む

次へ

6.地際付近が曲がっていない

途中で傾いている場合はOK

地際(ちぎわ)とは

■基礎が地面より上に露出していない場合

■基礎が地面より上に露出している場合

または

YESなら次へ進む

次へ

7.基礎境界部から上に錆(さび)や穴あきなどがない

YESなら次へ進む

次へ

8.安定器収納の開口部より下は空洞(配管、配線以外)

  • 開口部より覗いて下部を観察してください。

YESなら次へ進む

次へ

9.基礎から下250mmには電源引込口がない

YESなら次へ進む

次へ

10.旧引込み電線管(FEP管)直径2本分がQQポールの内径以下

旧FEP管1本の場合は基本OK。

  • S先端技術・優れたデザイン性などを持ち合わせた商品群です。
  • V省エネ・デザイン性・配光制御など様々なご要望にお応えできる商品群です。
  • L長寿命・省電力のLEDを主照明にした、高品質、快適性、先進性を備えた商品群です。

  • ◎常備在庫品
  • ◯工場在庫品
  • 受受注品

  • ★ランプ付希望小売価格でランプ同梱包
  • 別ランプ付希望小売価格でランプ別梱包

  • Gグリーン購入法適合商品です。

関連商品