法人向けトップ > 電気・建築設備エコソリューション > 照明器具 > 環境計画支援VR > VRの機能 > 新たな課題に対応するフレキシビリティ

環境計画支援VR

新たな課題に対応するフレキシビリティ

街のデータを重ねていくだけではなく、VRはさまざまな目的に合わせてカスタマイズできる柔軟性を持っています。
高速で移動する車からの視点など、動態での視界の検証や、地図をベースにした調査・レポートなどに応用することも可能。
さまざまな課題を、VRの立体画像として可視化することで、隠された問題点や解決策が明らかになります。
街、建物、道などに「人にやさしい」という機能を求められている時代に、人の感覚を確かめながら比較検討ができる、
VRの表現力と発展性が活躍します。

ドライバーへの照明の影響をシミュレーション

[トンネル照明施設 まぶしさ見えがかり検討業務]
トンネル内部のライトの角度や、トンネルから出た際に視界に入る光は、ドライバーにとって眩惑の原因に。
高速で移動する車の視点から、トンネル入口・出口のグレア評価(光の眩しさの評価)について検討。

トンネル
危険な状態

トンネルを出たドライバーの方に
ライトの光線が向いていて眩しく、
危険な状態

安全な状態

ライトアップの光線の向きを微調整し、
ドライバーにとって眩しさがなく、
かつライトアップも果たせる角度に

space
トンネル内に設置するライト

トンネル内に設置するライトのグレア評価を詳細に行い、さまざまな角度から見て、
空港関係者やドライバーに影響を及ぼさない光の方向を検討

space01

景観ガイドラインの策定

[松江市 北掘地区のよりよい景観を考える市民会議] 計画主体:島根県松江市
市民が主体となって進められている街づくりワークショップにて、事前に行った「まち歩き会」で各自が撮影した写真を発表。
全員の写真を地図上に並べることで、好まれる風景と好まれない風景が街のどの場所に集中しているのかが明らかになった。

地図

地図に全員分を並べることで、
好まれる場所/改善が必要な場所の傾向を把握

お気に入りの風景、好まない風景
space01

ユニバーサルデザイン検討

[商店街ユニバーサルデザイン] 計画主体:大阪府産業デザインセンター
さまざまな人が訪れる商店街において、視力に障害を持つ人の見え方をシミュレーションし、
サインを掲示する位置や色・大きさなどを比較検討。

視力に障害を持つ人の見え方をシミュレーション
space01

渋滞回避策の検討

[ITS講習資料作成業務(柏駅東口タクシー運用検討)] 計画主体:千葉県柏市
タクシー渋滞の回避策として、空き駐車場での待機を提案。離れた駐車場からモニターを確認し、
車の出発に合わせて乗り場へ向かう方法を、複数の視点から車の流れを交えて説明。
※ITS - Intelligent Transport Systems(高度道路交通システム)

渋滞
space01

現況の写真と計画を比較

[東五反田地区 再開発事業] 計画主体:三井不動産株式会社
開発予定地の開発イメージ画像と、現況の写真を切替。
同じ透視視点で、開発の進行状況や、現在と今後の違いを把握。

現況の写真と計画を比較

法人向けトップ > 電気・建築設備エコソリューション > 照明器具 > 環境計画支援VR > VRの機能 > 新たな課題に対応するフレキシビリティ