個別配線システム個別配線システム

お見積りのご依頼

商品についてのお問い合わせやお見積もり、現地調査のご相談も承ります!

0120-187-431

受付日時:月~土曜 9:00~18:00
定休日:日・祝(正月三が日含む)
※ 携帯電話・PHSからもご利用になれます。

システム構成図

システム全体構成図

システム全体構成図

  • 21~36住戸接続時に必要です。
  • 住戸数拡張ボックスを使用しない場合、各テレビインターホンの接続配線はAEφ0.65-2C線×20またはAEφ0.9-2C線×20を接続してください。
  • LANケーブルはストレートケーブルを使用してください。

システム構成機器

NEWマークの品番は2022年1月21日発売

外観・種類 品番 品名
テレビインターホン
セット
約5型

SHF75301W

NEWSHF75301W 親器 SHF35301W※2 テレビインターホン・カメラ付ドアホン
子器セット(5型ワイド・個別配線方式)
子器 SHF672※2
約3.5型

SHF75310W

NEWSHF75310W 親器 SHF35310W※2 テレビインターホン・カメラ付ドアホン
子器セット(個別配線方式)
子器 SHF651※2

SHF75300W

SHF75300W 親器 SHF35300W※2 テレビインターホン・カメラ付ドアホン
子器セット(個別配線方式)
子器 SHF650※2

SHF71300W

SHF71300W 親器 SHF31300W※2 テレビインターホン・ドアホン
子器セット(個別配線方式)
子器 SHF610※2
ロビーインターホン

SHF5641S

NEWSHF5641S カメラ付ロビーインターホン(個別配線方式)
10キー、逆マスター解錠機能付(ホワイトシルバー)
拡張ボックス

SHF2411

NEWSHF2411 住戸数拡張ボックス
(個別配線方式)
ロビーインターホン用
埋込ボックス
標準用

SHN581K

SHN581K ロビーインターホン用
埋込ボックス(標準用)
非常解除用押釦※1 非常用
埋込押釦

WN4500

WN4500 非常用埋込押釦(プレート別)
(1コ用スイッチボックス適合)
プレート

WN65039

WN65039 フルカラー新金属プレート
2型〈3コ用〉
  • ●逆マスターキースイッチ取付スペース付です。逆マスターキースイッチは別途手配が必要です。
  • 大型用埋込ボックスと露出ボックスは[U]オーダーとなります。
  • WN4500のほかにWTF4510Wも接続可能です。(どちらか一台のみ)SHN588は接続不可です。
  • 親機のみ、子機のみでの単品販売はしておりません。
    親機子機セット品番にて手配ください。

システムプラン例

20戸まで(住戸数拡張ボックスを使用しない場合)

20戸まで(住戸数拡張ボックスを使用しない場合)

配線区間 信号種別 使用電線 配線可能距離
ロビーインターホン ~ テレビインターホン※6 信号線 AEφ0.65-2C
または
AEφ0.9-2C
100m
ロビーインターホン ~ 非常解錠用押釦 20m
ロビーインターホン ~ 電気錠操作器(他社製)
非常解錠用押釦 ~ 電気錠操作器(他社製)
ロビーインターホン ~ ロビーインターホン※6 LANケーブル(CAT5e)※3 30m

36戸まで(住戸数拡張ボックスを使用した場合)

36戸まで(住戸数拡張ボックスを使用した場合)

配線区間 信号種別 使用電線 配線可能距離
ロビーインターホン ~ 住戸数拡張ボックス ~ テレビインターホン※6 信号線 ロビーインターホン~住戸数拡張ボックスAEφ0.65-2C×20、AEφ0.9-2C×20
またはFCPEVφ0.65-10pr×2、FCPEVφ0.9-10pr×2
100m
住戸数拡張ボックス~テレビインターホンAEφ0.65-2C
またはAEφ0.9-2C
ロビーインターホン ~ 非常解錠用押釦 AEφ0.65-2C
または
AEφ0.9-2C
20m
ロビーインターホン ~ 電気錠操作器(他社製)
非常解錠用押釦 ~ 電気錠操作器(他社製)
ロビーインターホン ~ ロビーインターホン※6 LANケーブル(CAT5e)※3 30m
  • LANケーブルはストレートケーブルを使用してください。
  • テレビインターホンは最大20台まで接続可能です。
  • 副ロビー側にはテレビインターホンは接続しないでください。
  • 「副ロビー」に設定したロビーインターホンからテレビインターホンまでの配線が100m以下になるようにしてください。
  • テレビインターホンは住戸数拡張ボックスを介して、36台まで接続可能です。
  • ロビーインターホンと住戸数拡張ボックス間の配線は、必ず同一の端子番号同士を20端子すべて接続してください。