• 商品コラム PRODUCT COLUMN
  • 設計のヒント DESIGN HINT
  • イベント・ウェビナー EVENT WEBINAR
  • 動画 MOVIE

LED電球開発メンバーの新たなる挑戦の結晶

2021.11.08

# 商品コラム

ついにLEDフラットランプの
シンクロ調色タイプが発売。
LED電球開発メンバーによる
開発秘話を、初公開。

カチッとはめて、クルッとまわす。簡単にランプが取り替えられ、配光にもこだわった「LEDフラットランプ」をご存知でしょうか?

2019年の発売以降、ダウンライトからスポットライト・ペンダント・ブラケットとラインアップを拡充。機能面でも光色切替タイプや高演色タイプを発売し、2020年度は年間累計約100万台の販売を達成しました。この秋には「シンクロ調色タイプ」が、遂にラインアップに追加。

今回は進化を続けてきたLEDフラットランプの“ここだけの開発秘話”を初めてご紹介させていただきます。

住宅照明のあり方を変えた
「GX53ソケット」

LEDフラットランプとは、JIS規格「GX53ソケット」対応の、本体とランプを組み合わせて使用できるあかり。

LED照明器具が普及し始めてから約10年が経ち、LEDの最大の特長である長寿命性については広く受け入れられてきたことと思います。従来の蛍光灯や白熱灯のように「切れたらランプ交換」する必要もないわけですが、その一方で「あかりを好みやライフスタイルに合わせて交換」するようなニーズには応えることができていませんでした。

そうした背景のもと、LEDランプの「GX53ソケット」がJIS規格化され、パナソニックもLEDフラットランプの開発をスタートさせました。

GX53ソケットの取付イメージ

LEDフラットランプの開発を任されたのは
「LED電球開発メンバー」

LEDフラットランプの開発においてはパナソニックのLED電球の開発を長年支えてきたメンバーが携わりました。
開発では、スカラップ(光の境界)の低減や、LED特有の粒粒感を抑えることなど「器具に搭載された時のビジュアルや光の質」に重きが置かれます。

LED電球の開発時にはなかった要求に最初は戸惑いが多かったと言います。求められる光の質を、これまで培ってきた技術でいかに実現していくか。試作品を作っては提案部隊の知見も借りながら検討を重ねる日々の連続。特にパナソニックのLEDフラットランプの特長でもある2種類の配光のうち「集光タイプ」の開発には多くの苦労が伴いました。

通常、レンズを用いて光を絞るには、レンズと光源間に距離があった方が光を絞りやすいのですが、LEDフラットランプは非常にコンパクトなため、困難を極めました。従来の技術から考えると「今までのおよそ半分の距離で光を絞ってくれ」という要求の中で、いちから設計を見直すことでようやく製品化に至ったのです。

そういう意味で、非常に開発メンバーにとっても思い入れのある製品となりました。

新開発の薄型LEDフラットランプ
(当時のリリース資料より)

さらなる困難を極めた
シンクロ調色タイプの開発期間は、約2年

LEDフラットランプ「シンクロ調色タイプ」の開発は、実は2年ほど前から開発テーマとして存在していました。

調光と同時に光色(電球色~昼光色)も変化する、パナソニックならではのシンクロ調色機能ですが、LEDフラットランプとしての製品化にあたっては、通常の一体型LEDにおけるシンクロ調色の回路と比べて、4~5分の1サイズへのコンパクト化が必要だったため、最初は開発メンバーの誰もが「LEDフラットランプではシンクロ調色タイプを開発するのは難しいのでは…」と考えていたのです。

難易度の高い要求に対してもあきらめずに挑戦を続け、最初の試作品では1時間にも満たなかったランプ寿命が、100時間、1,000時間、10,000時間と徐々に伸びていき、定格寿命の40,000時間をついに達成。

製品化を実現するに至りました。

茨の道から決して逃げなかった開発者たち

「技術的には面白かったが、難しすぎた。」「本当に技術者泣かせ、そして技術者冥利に尽きる製品です。」と語る職人気質の開発者・高橋。

また、プロジェクトリーダーの金澤(写真)は「器具と光源の垣根を取り払い、商品企画段階から各専門職能が入り混じり、茨の道から決して逃げなかったことが実を結んでいると思います。今回のLEDフラットランプをベースとして、更にお客様のご要望に応えるべくアップデートを繰り返して強い商品群をラインアップすること。また、ライフスタイルの変化にスピーディーに対応できるように商品開発を行っていきたい。」と語ります。

この「新たな挑戦の結晶」にぜひご注目下さい。

シンクロ調色タイプは、2021年11月発売

カチッとはめて、クルッとまわす。簡単にランプが取り替えられるLEDフラットランプに「シンクロ調色タイプ」が遂に登場。明るさは60形・100形、配光は拡散タイプ・集光タイプをラインアップ。

LEDフラットランプなら、お施主様の設置前後のイメージのずれや、ライフスタイルの変化にも対応可能です。ぜひご提案ください。

LEDフラットランプ Φ70シンクロ調色タイプ
2021年11月21日発売

他の記事一覧へ