調光T/U付照度センサ 室内の平均照度を一定に保って調光。快適性を保ちながら、上手に節電します。
調光T/U付照度センサ 室内の平均照度を一定に保って調光。快適性を保ちながら、上手に節電します。

設計事務所・工務店・
工事店などのお客様へ

設計図にそのまま使用できるCADデータ(DXF形式)がダウンロードできます。

特長

室内の平均照度を一定に

外が明るい時は照度を抑えて点灯。外が暗くなると、明るく点灯。外光に合わせて室内の平均照度を一定に保って調光します。またランプ交換当初の余分な明るさをカット。快適性も保ちながら、上手に節電します。

  • 当社製調光型LED照明器具対応

フル2線ならタイマーとの連動でさらに節電に。壁スイッチからの調光も可能です。

  • 取付寸法は下部寸法図をご参照ください。
  • ボックス工事不可
特長

商品ラインアップ

WRT3617K

調光T/U付照度センサ

WRT3617K

32,000円(税抜)

(光アドレス設定式)
(天井取付形)
(AC100~242V)

設定器

FSK90941U

セパレートセルコン用設定/操作兼用液晶リモコン

FSK90941U

25,100円(税抜)

照度の設定に必要です。

(Aタイプでご使用ください)

WRT9600

小型パターン・グループ設定器

WRT9600

69,500円(税抜)

アドレスの設定に必要です。

(WRT9500K ワイヤレスアドレス設定器でもアドレス設定が可能)
(WRT9630 小型パターン・グループ設定器(アドレス設定機能付)(電波設定機能付き)でも設定ができます)

仕様・各種図面

仕様

品番 WRT3617K
定格電圧 AC100V~242V
定格周波数 50Hz/60Hz
定格電流 85mA
定格消費電力 10W
定格信号電圧 ±24V
信号消費電流 15mA
調光信号配線距離 100m(Φ0.9 CPEV線使用時)
200m(Φ1.2 CPEV線使用時)
照度設定範囲 15lx~1,000lx(天井面照度)
  • 電源投入時および明るさ設定後の設定記憶中は約5秒間の操作が無効になります。
  • 取付環境(天井、壁、床などの反射率、外光の強弱など)によっては、照明器具の光出力にバラツキが生じることがあります。
  • 節電効果を保つために年1回の清掃をおすすめします。

雑音について

  • ラジオ、テレビや赤外線リモコン方式の機器は本器から離してください。雑音が入ったり正常に動作しない場合があります。
  • 同時通訳機などの誘導無線をご使用になると雑音が入る場合があります。

寸法図(寸法表示単位:mm)

WRT3617K

WRT3617K

FSK90941U

FSK90941U

配線図

配線図

照度センサの動作について

  • 照明の明るさ調整は、設定した明るさの約+5%の範囲で行われます。
  • 明るさ設定直後は設定した明るさの約+5%の明るさで調光制御します。
  • 設定した明るさとは、センサ検知範囲から反射し、天井面に設置されたセンサへ入射する光量です。従って、外光入射時などは什器により陰影ができ、照度が設定時と異なる場合があります。
照度センサの動作について

明るさセンサの動き

  • 周囲の明るさの変化に関わらず、明るさセンサへの入光量が一定になるように照明器具の光出力を調整しています。
  • センサは入射した光量を電圧値として出力します。
  • 高さ2.5mで約Φ4mの広さを主に検知しています。

照度の設定

  • FSK90941U設定/操作兼用リモコン(別売)で行ってください。
  • 設定方法については取扱い説明書をご参照ください。

アドレスの設定

  • アドレス設定は。WRT9600(別売)または、WRT9500K(別売)で行ってください。
  • ほかのT/Uなどで使用していない空アドレスを設定してください。
  • 運転切替、一括設定しない場合は、アドレスをクリアしてください。
アドレスの設定

各部の名称とはたらき

異常表示(赤)

点灯:エラー(明るさ設定異常、信号線短絡)
点滅:設定中、イニシャル状態
消灯:正常状態

動作表示(緑)

点灯:フル2線制御中
点滅:シーン運転中
消灯:自動運転中

アドレス設定受信表示(赤)

設定器から光信号を受信すると点滅します。

明るさセンサ部

周囲の明るさを検知します。
明るさ設定できる照度範囲は、天井面照度約15lx~1,000lxです。

  • センサへの入射光量が範囲外になると設定できません。
各部の名称とはたらき

設置上のご注意

①本器を図1のように検知範囲が制御ブロック内に入るように配置してください。
図2は検知範囲が制御ブロックからはみ出ています。

①本器を図1のように検知範囲が制御ブロック内に入るように配置してください。図2は検知範囲が制御ブロックからはみ出ています。

②本器を窓際に設置する場合は、窓からの距離は(天井高さ÷1.3)m以上離してください。距離を確保しないと窓からの外光の影響を受け照度不足となります。

②本器を窓際に設置する場合は、窓からの距離は(天井高さ÷1.3)m以上離してください。距離を確保しないと窓からの外光の影響を受け照度不足となります。

③本器の制御ブロックは図4のように設定してください。
図5の場合、窓際から離れた所では窓際に比べて照度不足となります。

③本器の制御ブロックは図4のように設定してください。図5の場合、窓際から離れた所では窓際に比べて照度不足となります。

④制御ブロック内の照明器具は起動方式と調光範囲を一致させてください。異なると適切な照度が得られなくなります。

④制御ブロック内の照明器具は起動方式と調光範囲を一致させてください。異なると適切な照度が得られなくなります。

対象負荷は当社製(下記起動方式)専用です

起動方式 ランプ 調光範囲※1 接続台数
PX すべて 約25~100% 電源ユニット36台まで

FSK91090(調光信号増幅器)使用不可

FSK90941U
(取扱説明書をご確認ください)
PY FHF86形 約40~100%
FHP32形 約50~100%
EYH すべて 約40~100%
WX※2 すべて 約25~75%
PE すべて 約25~100%
ECH FLR110形 約60~100%
FPL36・56形 約35~100%
FHT32形 約50~100%
PD すべて 約5~100%
LZ すべて 約5~100%
LX、LY、LH※2 すべて 約25~85%
LA すべて 約10~100%
LT すべて 約25~100%
LR すべて 約5~100%
LV、LJ 不適合
  • 調光範囲は安定器単独周囲温度の値です。器具条件により多少変化します。
  • 同一起動方式でも器具により調光範囲が異なりますので、別途品番別にご確認ください。
  • WX,LX,LY,LH起動方式の商品は、初期照度補正機能があるため、調光スイッチのレベル表示が変化しても、照明器具の明るさが変化しない領域があります。
    (WXは、レベル表示5で明るさは最大になります。LX,LY,LHは、レベル6で最大になります。)

下記のような場所へは配置しないでください

不具合が生じるおそれがあります。適切な明るさが検知できる所に配置してください。

  • 本器の直下に、ロッカーなどの高い什器が配置された所
  • 壁面やパーティションなどの近く
  • 人が密集するような所など反射率が大幅に変化する所
  • センサ検知範囲内でダウンライトなどの光が入/切されたり、近傍に照明器具が空調の影響などで明るさが変化したりする所