使用上のご注意

かんたんマモリエ

  • 設置場所では、あらかじめ動作確認を行ってください。
  • 設置後、使用環境(電波環境)が変わることがありますので、定期的に動作確認を行ってください。
  • ワイヤレスセキュリティ受信器や発信器・送信器の設置場所を変更する場合は、あらかじめ動作確認を行ってください。
  • 電波の到達距離は次のような使用場所の環境によって短くなったり、電波が届かなくなることがあります。
    • 発信器・送信器とワイヤレスセキュリティ受信器の間に、金属や鉄筋コンクリートなどの電波を通しにくい障壁がある場合。
    • 壁面内の断熱材にアルミ箔を貼り付けたグラスウールを使用している場合。
    • 周辺が金属物で囲まれるような場所に置いた場合。(スチールキャビネットの間、カラオケボックスなど)
    • テレビ、ラジオの送信所近辺の強電界地域または各種無線局が近くにある場合。
    • 近くで携帯電話やPHS電話を使用している場合。
    • 近くで直流電圧で駆動するベルやモーターなどの機器が動作している場合。
  • 到達範囲内でも電波が弱くなる場所がありますので注意してください。
  • 電波が届きにくい場合は、ワイヤレス中継器(2台まで)をご使用ください。
  • マイクロ波治療器の近く(約10m以内)では動作しません。
  • 住まいるサポとワイヤレスセキュリティ受信器が近接される場合、住まいるサポ起動時に電波到達距離が短くなる場合があります。住まいるサポが起動した状態(画面が映っている状態)にしてワイヤレスセキュリティ受信器の電波到達確認モードで電波到達確認を行ってください。(1m以上離して設置してください。)
  • 送信器本体およびその配線とAC100V機器およびその電源線とは20cm以上離して設置してください。離さないと正常に動作しない場合があります。
  • ワイヤレスセキュリティ受信器と発信器・送信器は50cm以上離してご使用ください。近すぎると動作しない場合があります。
  • 電波(ノイズ)を受けると誤動作や動作しない原因となることがあります。
    • 受信モニターが赤色点灯点滅するときは、蛍光灯、冷蔵庫、コードレス電話機、パソコン、ルーター、電子レンジなどの電波(ノイズ)を受けている場合があります。電波(ノイズ)を出している家電商品やOA機器から受信器、ネットアダプタを2m以上離してください。また発信器・送信器も電波(ノイズ)を出している家電商品やOA機器から2m以上離してください。
  • 落としたり過度の衝撃が加わると故障の原因となります。
  • ワイヤレスセキュリティ受信器と発信器・送信器の周波数は同じ周波数チャンネルに設定してください。違う周波数では動作しません。
  • 2台以上の発信器・送信器から同時に操作すると、ワイヤレスセキュリティ受信器は動作しないことがありますが、故障ではありません。
  • 送信電波が医用電気機器に与える影響はきわめて少ないものですが、安全管理のため発信器・送信器は医用電気機器から20cm以上離して使用してください。
  • 発信器・送信器は、総務省の技術基準に適合しています。製品に貼り付けられている表示は、その証明マークです。表示マークの貼り付けられている製品は総務大臣の許可無しに改造して使用することはできません。
    【改造すると法律により罰せられることがあります。】
マーク説明

ご注意

本システムは人命保持や盗難事故を完全に防ぐものではありません。あくまでも補助的なシステムです。万一、本システムの稼動中に人命、財産等に対し損害が生じても弊社は一切の責任は負いかねますのでご了承ください。