コワーキングスペース

閉じる
交流と共創を行う、活気あふれる空間

オフィスをシェアして効率的にスペースを利用したり、多様なメンバーが集まり共同作業を進めるのに適した空間です。自由で闊達なコミュニケーションを誘発する環境が望まれます。

Case1

照明設計ポイント

配線ダクトに設置可能な全般照明と、スポットライトやペンダントによるアクセント照明により、多様なデスク配置やレイアウト変更にも、光の位置や方向を柔軟に調整・変更することができます。


用途別のレイアウトに応じ、全般照明から手元のあかりと自在に組み合わせて使えるあかりです。

採用照明器具

光の位置と広がりを自由に変更可能。あかりにより人が自然と集まる空間を創り出します。

採用照明器具

フレキシブル性と共に、グレアへの配慮とヒーリング音楽による心地よい空間を創造します。

採用照明器具

無線制御ができるスポットライト・スペースプレーヤー・ワイヤレススピーカーなら配線ダクトでも機能的でスッキリとした空間づくりができます。

採用照明器具

Case2

照明設計ポイント

ベースライトやダウンライトで構成する場合も、配灯を工夫したり、朝夕の時間に合わせて調色することで、空間や時間にリズム感を生み出し、メリハリのある職場環境を創り出します。


リズム感ある光の天井で明るさ感をしっかり確保しつつ、グレアも抑えた空間です。

採用照明器具

スリム×シンプルな角形デザインだから、建築に同化し、納まりの良い空間を演出します。

採用照明器具

1日のサイクルに沿って明るさと色温度を変えることで、時間帯に合わせた居心地の良さを提供。生産性の向上につなげます。

  • 5000K
    午前中はさわやかな高色温度で明るめに点灯。イキイキとした環境で一日をスタート。
  • 5000K
    昼食後も高色温度を維持して午後をスタート。窓側は外光を活用し照度を落として節電。
  • 4000K
    午後から夕方にかけて色温度と照度を徐々に変化させることで快適性を維持しながら節電。
  • 3000K
    夕方から夜間は色温度と照度をさらに落とし節電を実現しながら壁側を明るくすることで、空間の明るさ感を上げ、快適性も維持。
  • ■システム構成図

  • ■オフィスでの制御パターンの一例

採用照明器具

おすすめ商品

アップデート:多様な働き方(ABW※)にフレキシブルにアップデートできるあかり→配線ダクト商品群を用途別スタイル別に展開。あかりにプラスα:Well-Being(心と体の健康)な空間価値のご提供→天井のスペースを活用、光に映像や音、清潔機能などをプラス。リニューアル:簡単にリニューアルできるあかり設備→在来工法の配線はそのままで手軽にオフィスのイメージを一新。
  • ABW(Activity-based working): 働く内容に応じて時間と場所を選択する働き方。コミュニケーションの活性化やワークライフバランス向上が期待できます。