リアルタイム照明シミュレーションツール「ライトニングフロー」

空間の3次元データと照明器具の配光、取り付け方向、各面の相互反射を考慮して光のイメージを表現する
リアルタイム照明シミュレーションツールです。Revitとはアドインで双方向に連携します。

[各ソフトウェアとの連携]
・Revit(Viewer含みLT除く)……アドインを介して3D形状と質感をライトニングフローに送ることができ、照明器具情報は双方向に連携できます
               (他社の照明器具もRevit上に配光データがあれば反映されます)
・その他BIM・3Dソフト……FBXやIFC形式を介して3D形状と質感情報をライトニングフローに読込めます

・ルミナスプランナー無償版……アドインを介して部屋と照明配置情報をRevitと双方向連携できます
          有償版……ライトニングフローに部屋情報を送ることができ、照明器具情報は双方向連携できます(2023.7無償化予定)

[お知らせ](更新内容詳細はマニュアルのリリースノートをご覧ください)
2022.12.21 (LightningFlow 2.0.0) LightningFlow2をリリースしました
2022.12.21 (RevitAddins 1.2.0) 所要照度配置機能を追加しました
2022.09.15 (RevitAddins 1.1.7) Revit2023に対応しました
2022.04.22 (RevitAddins 1.1.6) Revit上の照度分布計算が非常照明に対応しました
2021.11.18 (LightningFlow 1.1.5) LFで表示される座標系をRevitの内部座標系に合わせました
2021.10.21 (LightningFlow 1.1.4) 植栽、プレハブ機能、パッケージ機能追加の他、各種不具合対応と性能改善を行いました
2021.08.05 (LightningFlow 1.1.3)一部の天井で照明器具の影生成が異常になる問題に対処しました
2021.08.04 (RevitAddins 1.1.2) Revit2022に対応しました
      (LightningFlow 1.1.2) 1台のPCを複数アカウントで利用時に2人目以降のインストールができない問題に対処しました
ダウンロードにはご登録(無料)が必要です

LightningFlow:2.0.0, RevitAddins:1.2.0



■対応環境
 Windows10, Revit2018.3~2023

■インストールされるソフトウェア
 Lightning Flow, RevitAddins, BIM Tools UpdateManager
 (Revit用照明器具ファミリデータ3万品番のダウンロード機能が含まれます)


※ご注意
 インストール作業をされるアカウントにのみインストールされます
 同じPCを複数の方がお使いの場合それぞれインストールが必要です

 当ソフトのダウンロードには「住宅・建築設備Webビジネス会員」
 へのご登録(無料)が必要となります


    新機能のご紹介
■カラー演出、タイムライン
あらゆるパラメータが時間制御可能になりました。太陽光を動かしながら室内の調光制御を行ったり、調光・調色を組合せたカラー演出も可能です。



■空間の明るさ感評価指標「Feu」
視界の輝度分布をもとに「Feu」値をリアルタイムに計算するとともに、部屋のタイプに応じた評価が行えるようになりました。



■面光源の影
光源分割機能によって、光源の直近に障害物があっても、影を正確に表現できるようになりました。
■キャラクターライブラリ
人間の3Dモデルをあらかじめご用意しました。カラー変更や、動きを付けて配置できます。




LightningFlow characters were
created with the following
software and content.
Software:
Content: Polygonal Miniatures
■IFC形式読込
IFC形式(2x3,4)が読めるようになりました。

※下記ソフトウェアから出力されたIFCは
 照明器具を光源として認識できます。
 ・CADEWA SMART v4
 ・ルミナスプランナー

■光源数の限界を撤廃
これまでご利用いただける光源数には4096灯の限界がありましたが、メモリの許す限り認識するようになりました。

■UIを刷新
移動やコピーなど作業効率を向上するための改善を図りました。