天井をスケルトンにして広がりを持たせた明るいカジュアルゾーン。
背後にある「SWiTCH SPOT」が、奥のフォーカスゾーンから移動する際に気持ちを切り替える場所

社員がコンセプトメイキングから
デザイン・設計まで担った新オフィス

2021年3月、当社はデジタルトランスフォーメーション部と物流部のオフィスを「neuro」として一新した。新たな価値を生むためのHUBと定義したオフィスのコンセプトは「デジタルとフィジカルが入り交じり、繋がる空間」。オフィス改革にあたっては、各部署の有志10名がプロジェクトメンバーとなり、他部署を巻き込んで、コンセプトワークからオフィス空間の実証実験までを行った。プロジェクトリーダーの清田 陽子は「自分たちで知恵を出し合って考えるプロセスが大切だと考え、自薦でチームを作った。コロナ禍だからこそオフィスが重要だと考え、『働きやすさ』と『あるべき新価値創造の空間』という2軸を置いて計画し、各部署の協力を得て、デザイン・設計まで落とし込んでいった」と語る。
静かな「フォーカスゾーン」とにぎやかな「カジュアルゾーン」の間には、気持ちを切り替える時に使うリラクゼーションスペース「SWiTCH SPOT」が設けられている。ここでは、たき火を模したオブジェや木製テーブルに加え、アロマと小鳥のさえずりでリラックスを促している。
なお、このオフィスはニューノーマル時代の働き方に関するデータを収集・分析・検証を行う場として機能している。

建築設計Report ワークスペース空間ソリューション事例集/2022年6月発行
※会社名、役職名などは掲載時のものです。

プロジェクトを進めた有志とneuroサロンプロジェクトを進めた有志とneuroサロン

集中作業のためのフォーカスゾーン集中作業のためのフォーカスゾーン

neuroサロンに設置された個人ブースneuroサロンに設置された個人ブース

フォーカスゾーンの個人ブースフォーカスゾーンの個人ブース

neuroサロンに設置された8面マルチディスプレイneuroサロンに設置された8面マルチディスプレイ

汐留本社オフィスの状況も映せる遠隔ライブモニタ汐留本社オフィスの状況も映せる遠隔ライブモニタ

森林浴効果・香り・自然音・手触り・木漏れ日などで、感覚に訴える「SWiTCH SPOT」
森林浴効果・香り・自然音・手触り・木漏れ日などで、
感覚に訴える「SWiTCH SPOT」

neuro(ニューロ)

■オフィス・リノベーション工事
所在地/大阪府門真市門真
事業主/パナソニック株式会社
設計・施工/パナソニックLSエンジニアリング株式会社
竣工/2021年3月

主な設備

● LEDベースライト ● LEDダウンライト ● LEDスポットライト ● LEDペンダント ● SWiTCH SPOT ● モニタ ● スペースプレーヤー