キャンプフィールドにいるような開放感にあふれたキャンピングオフィス

“Crazy and Cool”をコンセプトに
これまでにないオフィス環境を創造

車載用・非車載用リチウムイオン電池の開発を担うセル開発統括本部が2021年11月に新オフィスに移転した。当本部はテスラ社との協業により、事業・人員ともに急拡大し、オフィス環境の改善が急務となっていた。計画にあたっては、固定観念にとらわれないベンチャー企業であるテスラ社と、百年企業との間にある差を埋めるのは“Crazy and Cool”だという考えをコンセプトに取り入れ、斬新性と機能性にあふれたオフィス環境の創造がめざされた。このために編制されたオフィス改革委員会は「オフィスを人と人、人と情報、情報とアイディアなど、多様なモノゴトが入り交じり、つながることで新たな価値が生まれる空間と捉えるとともに、リチウムイオン電池の概念をレイアウトに展開して、オフィスの中に『加速』と『充電』のエリアを配置。『充電エリア』をオフィスに散在させ、2つのエリアを行き来して働くことで、走り続けるオフィスをめざした」という。
「充電エリア」では、再生可能エネルギーをイメージする太陽・風・自然をキーワードとして設定し、「SWiTCH SPOT(スイッチスポット)」、キャンピングオフィス、カフェコーナーなどを配置。今回のオフィス改革を通して、アイディアとノウハウを蓄積し、次の改革にアップデートし続けていくことが想定されている。

建築設計Report vol.41/2022年5月発行
※会社名、役職名などは掲載時のものです。

入口の近くに設けられた「充電エリア」のSWiTCH SPOT
入口の近くに設けられた「充電エリア」の「SWiTCH SPOT」

流木のスタンドが配された「充電エリア」のカフェコーナー流木のスタンドが配された「充電エリア」のカフェコーナー

「加速エリア」と位置付けられた課単位のフリーアドレスエリア「加速エリア」と位置付けられた課単位のフリーアドレスエリア

太陽の赤をモチーフにした、3つのABC会議室太陽の赤をモチーフにした、3つのABC会議室

太陽・風・自然の色彩をタイルカーペットに採用太陽・風・自然の色彩をタイルカーペットに採用

執務席と視覚的につながった会議室執務席と視覚的につながった会議室

木の温かさを感じさせる壁面とテーブル木の温かさを感じさせる壁面とテーブル

太陽をイメージした椅子を配したコーナー太陽をイメージした椅子を配したコーナー

課単位のフリーアドレスが採用された執務室課単位のフリーアドレスが採用された執務室

エリア図

エリア図


パナソニック エナジー株式会社 セル開発統括本部

■オフィス・リノベーション工事
所在地/大阪府守口市松下町
事業主/パナソニック エナジー株式会社
設計・施工/パナソニックLSエンジニアリング株式会社
設計協力/株式会社イトーキ
竣工/2021年11月

主な設備

● SWiTCH SPOT ● LEDベースライト ● LEDスポットライト ● LEDペンダント ● スペースプレーヤー