グループアドレスエリアとミーティングエリアでは、
空間を光と音だけで区切る「フレキシブルゾーニングソリューション」も導入予定

アクティビティごとに最適な環境で
働きやすさを促進する執務フロア

働き方改革を進めるパナソニック株式会社 エレクトリックワークス社は、Well-beingの実現と働きやすく、安全・安心な環境を創出するため、パナソニック東京汐留ビルの営業部門中枢的フロアを改修。エリアを大きく3つに分け、それぞれに最適な環境づくりを実施した。
フロアの中心となるグループアドレスエリアでは、グループ単位でエリアを設け各自がその中で好きな席に座る。開放的な吹き抜け部は、出社人数がグループアドレスエリアの座席数をオーバーした場合や、一人で集中したい作業にも対応できる個人・コワークエリアに。吹き抜け部の反対側の窓際は打合せやWeb会議に対応できるミーティングエリアとした。また、ワーカーが快適に働く空間を実現するために、清潔な空気循環をつくりだす「エアリーソリューション」や、リラックス効果を高める演出の「SWiTCH SPOT」を設置。AIネットワークカメラを活用した混雑度の見える化によって、ワーカーが自由に働く場所を選べるなど、身体だけでなく精神的にも良好な状態で働ける環境づくりをめざした。なお、本ビルは2022年2月、美術館やショウルームなどの集客施設を含むオフィスビルとして、感染症や災害などへの対策に特化した認証であるWHSRを取得した。

  • WELL Health-Safety Rating

建築設計Report ワークスペース空間ソリューション事例集/2022年6月発行
※会社名、役職名などは掲載時のものです。

エリア利用状況を可視化する「空間見える化ソリューション」T
エリア利用状況を可視化する「空間見える化ソリューション」

天井のルーバーから流れる気流で清潔な空気環境をつくり出す「エアリーソリューション」 天井のルーバーから流れる気流で清潔な空気環境をつくり出す
「エアリーソリューション」 

リラックス、リチャージ、コミュニケーションで脳の切り替えを促す「SWiTCH SPOT」リラックス、リチャージ、コミュニケーションで
脳の切り替えを促す「SWiTCH SPOT」

大開口の窓が気持ち良い個人・コワークエリア
大開口の窓が気持ち良い個人・コワークエリア

ちょっとした会議や打合せに対応したミーティングエリアちょっとした会議や打合せに対応したミーティングエリア

天井にAVシステムスピーカーを配置した大会議室天井にAVシステムスピーカーを配置した大会議室

エリア図

エリア図


執務フロア

■オフィス・リノベーション工事
所在地/東京都港区東新橋
事業主/パナソニック株式会社
内装工事/パナソニックLSエンジニアリング株式会社
竣工/2022年3月

主な設備

● 空間見える化ソリューション ● エアリーソリューション ● ライフバッテリー 「e-block(イーブロック)」 ● SWiTCH SPOT ● フレキシブルゾーニングソリューション ● AVソリューション ● 次亜塩素酸 空間除菌脱臭機 「ジアイーノ」 ● スポットライト型ナノイーX発生機