基準階貸床面積は約2,370m2(写真は16階)。
システム天井には白色(色温度4000K)の一体型LEDベースライト フラットパネルタイプが採用された

福岡市中心市街地で進む市街地再開発
「天神ビッグバン」による規制緩和第1号プロジェクト

福岡市は「人と環境と都市活力の調和が取れたアジアのリーダー都市」をめざして、博多駅周辺や福岡空港、博多港といったゲートウェイを連携させ、核となる中心市街地での都市改造に取り組む。その一つが、アジアの拠点都市としての役割と機能を高め、新たな空間と雇用を創出するプロジェクト「天神ビッグバン」で、対象エリアは天神交差点から半径約500mの約80ha。国家戦略特区による「航空法高さ制限の特例承認」や市独自の容積率緩和制度などを組み合わせ、民間活力を最大限に引き出しながら、耐震性が高く感染症にも対応した先進的なビルへの建替えを促すとともに、快適でぬくもりのある公共空間の創出をめざす。 その規制緩和第1号が2021年9月に竣工した、地上19階・地下2階の「天神ビジネスセンター」。ここでは高制限が約67mから約86〜90mに、容積率は800%から1400%に緩和され、それを最大限に活用して、グローバルビジネスを視点に入れたオフィスビルが誕生した。

従来ルーバタイプと同等のまぶしさを制限した
白色(4000K)のフラットパネルLED照明器具を採用

グローバル企業の受け入れも想定したワークプレイスでは、先進性と機能性が追求され、システム天井用照明器具一体型LEDベースライトフラットパネルタイプが採用された。これはパネルにプリズム加工を施すことで、従来ルーバータイプと同等のまぶしさ制御を実現した照明器具。600mm角のパネルに2列の発光面を配置することで照明器具の輝度を抑えている。 器具の採用にあたっては、昼光色(5000K)・白色(4000K)・温白色(3500K)、3種類の色温度が候補とされ、パナソニック汐留ビルの照明実験室で検討会を実施。ワークプレイスの照明環境が検討された後に、白色が採用された。

パネルにプリズム加工を施すことで従来ルーバータイプと同等のまぶしさ制御を実現
パネルにプリズム加工を施すことで従来ルーバータイプと同等のまぶしさ制御を実現

窓際の器具には昼光センサを設けて消費電力を削減
窓際の器具には昼光センサを設けて消費電力を削減

大規模オフィスの照明制御を一元管理するとともに
きめ細かな照明制御により、快適性と省エネも実現

18フロア約1万台の照明器具を一元管理するとともに、ワークプレイスの照明環境を入居者が個別にカスタマイズできるように照明制御システムFreeFit MXが採用された。人感センサや窓側の昼光センサを用いた自動調光システムやフリーアドレス照明制御により消費電力を削減し、ビルの環境性能を向上する一役をになっている。 なお、このビルは「CASBEE福岡」Aランク、「DBJ Green Building認証」では4つ星を取得している。

  • 日本政策投資銀行により創設され、日本不動産研究所が認証を行う、環境・社会への配慮がなされた不動産への認証制度。

建築設計Report vol.41/2022年5月発行
※会社名、役職名などは掲載時のものです。

防災センターに設置された照明制御システム操作卓
防災センターに設置された照明制御システム操作卓

各階のEPSに設置されたライトマネージャー Fx
各階のEPSに設置されたライトマネージャー Fx

福岡をもっと面白く、魅力あふれる都市へ

福岡地所株式会社 建設部長 田代 剛 氏

福岡地所株式会社
建設部長 田代 剛 氏

当社のミッションは「福岡をもっと面白く」。不動産開発を通して福岡の都市力を高め、魅力を上げていくことで、福岡をより多くの人や企業を惹きつける都市にしたいと考えています。天神ビジネスセンターは、福岡市の再開発促進事業である「天神ビッグバン」の規制緩和第1号プロジェクトでありました。そのため、福岡に不足していたグローバルな水準のオフィススペックを実装し、今後予定されている連鎖的な再開発をけん引する象徴的な建物とするため、国際コンペによってデザイン・アーキテクトの選定を行いました。その結果、オランダに本社のある国際的建築設計事務所OMAのパートナー兼ニューヨーク事務所代表の重松象平氏に決定しました。
OMAの提案は、航空法の高さ制限や都市計画、そして弊社からの様々なオーダーなどからなる複雑な制約を、建物をピクセル状に削り取る、単純なスキームで解決しながら、福岡の中心部に新しい風を吹き込むものです。
今後は、オフィスビルだけでなく様々なビルディングタイプにおいて、建物内での営みと、まちのローカルな営みとのつながりをより意識した計画を実践していき、福岡をもっと面白く、独自の魅力にあふれた都市にしていきたいと考えています。

新しくデザインされた明治通りの街路灯
新しくデザインされた明治通りの街路灯

地下鉄天神駅のデジタルサイネージ
地下鉄天神駅のデジタルサイネージ

天神ビジネスセンター

所在地/福岡県福岡市中央区天神
事業主/福岡地所株式会社
基本設計/株式会社日本設計
実施設計・施工/前田建設工業株式会社
電気工事/株式会社きんでん
建築デザイン/重松象平(OMA)
竣工/2021年9月

主な設備

● 一体型LEDベースライト フラットパネルタイプ ● 照明制御システム FreeFit MX ● ライトマネージャー Fx ● 非常用放送設備 ● ネットワークカメラ