自己適合宣言書

ZEH申請

ZEHは光熱費が削減できるだけでなく、補助金や税制優遇制度が活用できます。
経済産業省と国土交通省、環境省は、3省挙げてZEHの普及に向けた補助金制度を設けています。

■ 【LCCM・次世代ZEH+・ZEH+】 AIF認証取得の状況

区分

戸建て住宅

LCCM住宅

(ライフサイクルカーボンマイナス住宅)

次世代ZEH+

(次世代ゼッチプラス)

ZEH+

(ゼッチプラス)

使用段階のCO₂排出量に加え資材製造や建設段階のCO₂排出量の削減、長寿命化によりライフサイクル全体(建築から解体・再利用などまで)を通じたCO₂排出量をマイナスにする住宅

現行のZEHより省エネをさらに深堀りするとともに、再エネなどのさらなる自家消費拡大を図り、需給一体型を目指したZEH

補助事業名称

サステナブル建築物等先導事業
(省CO2先導型)

次世代ZEH+実証事業

戸建住宅ネット・ゼロ・
エネルギー・ハウス(ZEH)化等
支援事業

国土交通省

経済産業省

環境省

対象となる
住宅

LCCM住宅
(さらに省CO2化を進めた
先導的な住宅)

再エネなどのさらなる
自家消費の拡大を目指した
次世代ZEH+

より高性能なZEH(ZEH+)

主な要件

外皮性能

強化外皮基準

強化外皮基準
※選択要件で「外皮性能のさらなる強化」を選択した場合を除く

太陽光発電
などを除く
一次エネルギー
消費量

省エネ基準から ▲25%以上

省エネ基準から ▲25%以上

太陽光発電
などを含む
一次エネルギー
消費量

原則:省エネ基準から ▲100%以上

寒冷、低日射、多雪地域においては、
Nearly ZEH+(省エネ基準から ▲75%以上)での申請も可能

その他

LCCO₂※5評価の結果が
0以下となること

以下のうち、2つ以上を実施
・ 外皮性能のさらなる強化
・ 高度エネルギーマネジメント(HEMSなど)
・ 電気自動車の充電設備

上記に加え
①V2H設備 ②蓄電システム
③燃料電池
④太陽熱利用温水システム

いずれかを導入

CASBEE B+ランク以上
または、長期優良住宅認定

ZEHビルダー/プランナーが設計、建築、改修、
または販売する住宅であること

補助額

上限140万円/戸
かつ
掛かり増し費用1/2以内

定額100万円/戸
に加え、
①~④の設備に係る費用を支援
(調整中)
(注文住宅、建売住宅、TPOモデル※3を活用するものごとに補助件数を設定)
次世代HEMS※4の実証を行うものは、 追加で費用を支援

定額100万円/戸

蓄電システム2万円/kWh
(上限20万円かつ、
補助対象経費の1/3以内※1

低炭素化に資する素材を一定量以上使用、
または先進的な再エネ熱利用技術を活用する場合、定額加算※1

  • ※1補助額:蓄電システム、低炭素化に資する素材、先進的な再エネ熱利用技術を導入する際は、環境省「戸建住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等支援事業 」「集合住宅の省CO₂化促進事業」のメニューの一部にて支援
  • ※2補助額:長期優良住宅とする場合、10万円/戸補助限度額を引き上げ
  • ※3TPOモデル:居住者以外の第三者が太陽光発電システムの設置に係る初期費用を負担して設備を保有するモデル
  • ※4次世代HEMS:太陽光発電の自家消費率を更に拡大させるため、AI・IoTなどを活用し、太陽光発電システムや蓄電池などの最適制御を行うHEMS
  • ※5LCCO₂(ライフサイクルCO₂) とは製品の製造・輸送・販売・使用・廃棄・再利用まで全ての段階での二酸化炭素(CO₂)発生量を評価するもの

■ 申請参考図面ダウンロード

経済産業省や国土交通省のZEH申請および、建築確認申請に利用できる参考図面データをご用意しています。
申請参考図面をダウンロードされたい方は、下記からお申し込みください。
お問い合わせ入力フォーム・内容欄に「ZEH申請参考図面希望」とご記入ください。

申請参考図面