フル2線式リモコン 無線調光シリーズ「WiLIA」対応 パナソニック独自の新通信方式を採用。中規模施設におすすめの無線調光システムです。 フル2線式リモコン 無線調光シリーズ「WiLIA」対応 パナソニック独自の新通信方式を採用。中規模施設におすすめの無線調光システムです。

設計事務所・工務店・
工事店などのお客様へ

設計図にそのまま使用できるCADデータ(DXF形式)がダウンロードできます。

無線調光シリーズ「WiLIA(ウィリア)」は、パナソニック独自の通信方式を採用した無線調光システムです。通信信頼性の高い920MHz帯を採用することにより、安定性の高い通信を実現します。無線調光シリーズ「WiLIA(ウィリア)」 専用照明器具との組み合わせで快適な省エネ運用が行えます。オフィス・店舗・工場・倉庫などの中規模施設におすすめです。

商品特長

ご紹介動画

WiLIA 無線調光シリーズ フル2線式リモコンのご紹介

WiLIA 無線調光シリーズ フル2線式リモコンのご紹介

省エネで快適な空間づくりを実現する、パナソニック独自の新通信方式「WiLIA 無線調光シリーズ フル2線式リモコン」のご紹介です。

かんたん導入

照明を無線で調光するシステムです。調光信号線の工事が不要で、省施工・短工期で導入できます。施工後にスマートフォンで自由に照明器具のグルーピングができ、事前の回路設計も必要ありません。既存のフル2線式リモコン(伝送ユニット:品番:WRT2040・WRT2050系列)にも導入可能でリニューアルにおすすめです。

一般的な有線調光システム

WILIA無線調光シリーズ

レイアウトフリー

運用時にレイアウト変更があった場合、スマートフォンを使用して簡単に照明器具のグルーピングを再設定できます。将来の照明環境の変更にもフレキシブルに対応可能です。

レイアウトフリー

簡単設定

調光制御や照明器具のグルーピングなど各種設定は、現場で実際のあかりを確認しながらスマートフォンによる直感的な操作で簡単に行えます。

レイアウトフリー

専用アプリ「フル2線無線調光設定」

スマート設定器のご使用にはスマートフォンへの専用アプリ「フル2線 無線調光設定」のインストールが必要です。(無料)
専用アプリは、下記よりダウンロードいただけます。

フル2線 無線調光設定

  • Google Playで手に入れよう

    Google Play QRコード

  • App Storeからダウンロード

    App Store QRコード

■対応スマートフォン(2019年10月現在)
Andoroid端末 : Android6.0〜9.0
iPhone : iOS12.0

  • 専用アプリ「フル2線無線調光設定」は無料です。
  • サーバとのパケット通信費用、アプリのダウンロード通信料はお客様のご負担となります。
  • 専用アプリ「フル2線無線調光設定」はタブレットでは使用できません。
  • 専用アプリ「フル2線無線調光設定」は予告なく変更される場合があります。
  • 対応しているスマートフォンでも、すべての機種での動作は保証しておりません。

※Apple、Appleのロゴは、米国もしくはその他の国や地域におけるApple Inc.の商標です。App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。Google Play および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。

導入メリット

手軽に「省エネ運用」が始められる

オフィスなどの省エネ対策として進む照明器具のLED化。さらに省エネ化を推進するためには照明制御による「省エネ運用」が重要となります。フル2線式リモコン調光T/Uは、明るさセンサ機能を搭載し、外光に合わせて平均照度を一定に保って調光。快適性も保ちながら上手に節電します。また、調光信号線の工事が不要で、省施工・短工期で導入できるので、手軽に「省エネ運用」が始められます。

手軽に「省エネ運用」が始められる

レイアウト変更時にも自在に対応可能

オフィス空間では「組織変更」「メンバーの増減」「フリーアドレス制導入」など、レイアウト変更や席替えが頻繁に発生します。そんな時、従来は調光回路の変更に配線工事が必要でしたが、ワイヤレスなので照明器具の配線を変えることなく、レイアウトに応じた調光回路分けができます。

レイアウト変更時にも自在に対応可能

照明制御で、「働き方改革」を推進

多くの企業で取組みが進む「働き方改革」。夜間勤務や休日労働を抑制するため、「照明コントロール」をご提案します。タイマユニットと組み合わせることにより、始業時は徐々に明るく、昼休みは消灯、残業時間になると減光し、夜間は自動で消灯するなど、オフィススケジュールに応じてパターンを切り替え。夜間の帰宅を促すことにより残業を減らせ、省エネにもつながります。

照明制御で、「働き方改革」を推進