眩しさを抑えるiDシリーズスクールコンフォートと黒板灯が設置された普通教室

木の温もりがある開放的な空間にあいさつのあふれる小学校

岩手県陸前高田市は東日本大震災の大津波で甚大な被害を受け、明治6年建学、同13年開校の陸前高田市立高田小学校も校庭や校舎1階などが浸水。市の高田地区土地区画整備事業により海岸線から直線で1.5km離れた海抜約50mの高台への移転工事を進め、2019年6月に新校舎が竣工した。校舎は圧迫感を与えないように高さに配慮し、すべての普通教室を南向きにすることで広田湾への眺望も確保。RC造でありながら内装をスギを始めとした気仙産材を多用し、木の温もりのある開放的な空間が創り出されている。
「安全・安心で子どもたちがのびのびできる居場所を造るために、広々と落ち着く空間にした。また、当校は昔から読書に力を入れているので、居場所になる図書館を大階段前の1階に配置。登校する子どもたちと職員の動線が交わる大階段前で、みんなが顔を合わせて交わす“あいさつのあふれる学校”をコンセプトに据えた。さらに、教室・少人数教室・ワークルームとともに、広々とした運動スペースを確保することで、子どもたちが生き生きと活動できる場を設けた。これにより、多様な活動が可能になった。今後は子どもたち同士が心のケアをできるような居場所づくりをしていきたい」と校長の菅野 義則氏は語る。

建築設計Report vol.32/2020年2月発行
※会社名、役職名などは掲載時のものです。

子どもの習熟度別サポートに配慮した少人数教室は学年に1室設置

2学年に1室設けられた多目的利用の「ワークルーム」

図書室に設置された一体型LEDベースライト iDシリーズ

職員室前の廊下と大階段の交点に設けられた図書室(中央奥)

高天井用照明器具と舞台照明システムが採用された体育館

屋内プールでは壁面にLED照明器具を設置

一体型LEDベースライト iDシリーズが設置された木造の多目的棟

一体型LEDベースライト iDシリーズが設置された木造の多目的棟

陸前高田市立高田小学校

所在地/岩手県陸前高田市高田町
事業主/陸前高田市
設計・監理/株式会社久慈設計
施工/株式会社佐武建設
電気工事/岩手電工株式会社
竣工/2019年6月

主な設備

● 一体型LEDベースライト iDシリーズ  スクールコンフォート ● 一体型LEDベースライト iDシリーズ  黒板灯 ● LED高天井用照明器具 ● 舞台照明システム ● 記憶調光操作卓 ● 音響システム

東北復興ソリューション