ライブ・エンターテインメントで賑わいを

パナソニックのソリューション提案

ライブの魅力をもっと高めたい

レコードやCDは、「モノ」の販売が頭打ちになり、デジタルやインターネットの荒波に飲み込まれていきました。そして今、コンサートやライブに多くの若者が「コト」を求めて集まっています。今はワンショット・ワンタイムの経験が高く評価される時代。それだからこそ、感動的なライブの演出が求められています。

ライブの魅力をもっと高めたい

舞台照明をトータルに設計・提案

舞台照明は、スノコ(ブドウ棚)やバトンから、スポットライトをはじめとした各種照明器具、そしてこれらをコントロールする調光操作卓までを駆使して、演出家が望む光の環境を提供することが求められます。
パナソニックなら、これらの舞台照明をトータルに設計・提案し、施工、メンテナンスまでサポート。舞台照明設備をEthernetでLAN接続する調光ネットワークもご提供しています。

舞台照明をトータルに設計・提案

パナソニックがご提案する「ライブの魅力をもっと高めたい」についてのお問い合わせはこちらから

お問合せ

広い多目的ホールを光でゾーニング

客席を収納できる多目的ホールは、ライブやコンサートだけでなく、展示会や会議など多目的に利用されるようになりました。この広い空間の高天井用照明器具をゾーンごとに点灯制御することで、多目的利用に対応した効率的な運用が可能になります。

広い多目的ホールを光でゾーニング

無線調光システムにリニューアル

既存ホールの照明器具を調光対応させるには、信号線工事が必要でした。無線調光PiPit調光シリーズなら、対応する高天井用照明器具にリニューアルするだけで、広いホールのベース照明が調光制御可能に。展示会やコンサートなど、シーン設定をしておけば、運用も容易になります。

無線調光システムにリニューアル

パナソニックがご提案する「広い多目的ホールを光でゾーニング」についてのお問い合わせはこちらから

お問合せ

防災・セキュリティで安全・安心な空間に

ホールにはVIPから観客、スタッフまで、さまざまな人が屋内空間に多数集まります。万一の火災では、すべての人を安全に避難誘導できる設備が求められます。また、観客がバックヤードに立ち入らないように、しっかりしたセキュリティ体制も必要です。

防災・セキュリティで安全・安心な空間に

誰もが確実に避難できるように

外国のお客様から耳や目に障がいがある人まで、さまざまな人が集うホールでは、災害時の誘導が課題です。
多言語による自動非常放送設備や、音と光で誘導する避難誘導灯なら、すべての人を確実に避難誘導できます。

誰もが確実に避難できるように

入退室と映像を統合管理

入場者が出演者やバックヤードの設備にアクセスできないように、パブリックとバックヤードとの間には関係者以外立ち入りできないゲートが必要です。
VIP室など、セキュリティレベルの異なるゾーンへの入退室を非接触ICカードで管理。入退室管理の警報履歴やカード操作と紐付いた映像を記録することで、トータルなセキュリティを実現します。

入退室と映像を統合管理

パナソニックがご提案する「防災・セキュリティで安全・安心な空間」についてのお問い合わせはこちらから

お問合せ