まとめてねット 取付方法

「まとめてねット」取付台を使用すれば、配管もすっきりまとまります。注)本体を取り付ける前に施工をしてください。

■適合器具
まとめてねット ギガ :  WTJ5045WTJ5048※・WTJ5545WTJ5548
まとめてねット     :  WTJ5043KWTJ5047K※・WTJ5543WTJ5547

  • WTJ5047KWTJ5048は、取付台に引き込んだFTTH光ファイバ・ CATV同軸ケーブル用配管は使用できません。必要な場合はWTJ5047KWTJ5048の近傍に引き込み用配管と通線プレートを設置してください。
「まとめてねット」取付台
「まとめてねット」取付台

DSWTJ8970
まとめてねット取付台
希望小売価格 3,500円〈税抜〉

●呼び16(22)のCD管・PF管をすっきり固定。
●FTTH・CATVインターネット引き込み用に呼び22のCD管・PF管も固定できます。

[付属品]
・まとめてねット取付用小ねじ M4X40 4本
・電源ケーブル保護チューブ (強電・弱電分離用) 1本

配管と配線(まとめてねットの例)

配管と配線(まとめてねットの例)

関連部材

■速結コネクタ:加入者線用・室内用

写真 呼び 管種 品 番  希望小売価格
  16 CD
PF
DMS16K
DMP16K
88円〈税抜〉
100円〈税抜〉
22 CD
PF
DMS22K
DMP22K
112円〈税抜〉
120円〈税抜〉

■速結アングルコネクタ:光ファイバ・同軸ケーブル用

  呼び 管種   品 番 希望小売価格 
   22 CD
PF
DM022A-R
DMP22A
112円〈税抜〉
125円〈税抜〉
注) PF管内アングルコネクタ(呼び22)を取り付けると壁内寸法が45mm以上必要になります。

まとめてねット取付方法(まとめてねット取付台の施工については、別途「まとめてねット取付台」の施工説明書に基づいて行ってください。)

1.壁を開口します。

・壁材が貼られた後、取付台の開口部(←→部)に沿ってのこぎり等で壁材を切り取ります。
・製品にあたって切り落とせない四隅は右図の要領でねじ穴が見えるようにカッター等で切り落とします。

注)取付台の開口部より著しく外側まで切らないでください。(開口部が「まとめてねット」からはみ出るおそれがあります)

壁を開口します。
2.「まとめてねット」の接続と固定を行います。

ケーブル通線後、「まとめてねット」への接続と、「まとめてねット」の取付台への固定を行います。

注)「まとめてねット」への配線接続については、別途「まとめてねット」の施工説明書に基づいて行ってください。

2.「まとめてねット」の接続と固定を行います。

商品を知る・選ぶ

  • 宅内LAN配線がある時・ない時
  • ニーズに合わせてかんたん選定
  • 我が家の場合を詳しくプランする