天井埋込形ジアイーノと次亜塩素酸対応グリルを説明する画像

ジアイーノが天井埋込形に!

除菌対策に加え、加湿による快適性でより良い空気環境づくりをサポート

天井埋込形ジアイーノ 特長

1

ジアイーノに遠心破砕
加湿機能をプラス。
非住宅の空気質を
さらに向上。

加湿量を制御できる遠心破砕方式の加湿機能で、冬の過乾燥を緩和。

遠心破砕方式加湿ユニット

少ない水量で効率よく加湿。カルキの付着による目詰まりが無く、加湿ユニット部のお手入れが不要です。

遠心破砕方式加湿ユニット
さらにHEPAフィルターで空気を浄化。HEPAフィルターで室内に入り込んだ花粉や粉塵を除去
2

天井埋込形のため場所を取らずフロアもすっきり。
複数の部屋で
同時運転が可能。

給気口(SA)と還気口(RA)を最適位置へ配置することで、効率よく空気が循環。

ダクトを分岐させることで複数の部屋(最大125m2)を
1台で運転可能です。

ダクトを分岐(※)させることで複数の部屋(最大125m2)を1台で運転可能であることを説明している画像

※給気口(SA)と還気口(RA)それぞれ8か所まで

さらに専用リモコン1つで8台まで複数台運転が可能であることを説明している画像
3

自動給排水のため、日々のメンテナンスが不要。

本体に塩水パックを有し、給水・排水配管を接続することにより自動で給排水するため、日々のタンクへの給水、排水や塩投入作業が不要です。
メンテナンスは1年に1回の次亜塩素酸の生成に必要な塩水の補充(塩水パックの交換)とHEPAフィルター等の清掃、2年に1回のメンテナンスとしてHEPAフィルターと電極の交換などが必要です。(モーター等の補修部品の交換メンテが5~10年で別途発生します) ✳︎本製品はお客様自身でお手入れできません。「お知らせサイン」が表示されたらサービス専門業者様にお手入れを依頼してください。

■お手入れ/交換/点検目安時期

●お手入れ 〇交換 △点検

部品名 経過年数
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
1 電極


2 電解⽔搬送モーター
3 塩⽔パック
4 ポンプセット
5 塩⽔搬送ポンプ
6 塩⽔搬送経路ASSY
7 遠⼼破砕モーター
8 水道管側電動弁
9 遠⼼破砕U給⽔弁
10 電解槽給⽔弁
11 排⽔ポンプ
12 HEPAフィルター
13 搬送ファン⽤モータ
  • ※印:点検で交換した場合、交換日から経過年数をカウントしてください。
  • 18時間の運転で1日とカウントしています。運転条件によって前後することがあります。

【菌を抑制】

■浮遊菌

★実使用空間での検証結果ではありません。

菌減少率(%)と時間のグラフ
【試験機関】一般財団法人 北里環境科学センター【試験方法】約6畳の密閉空間に浮遊させた菌数の変化を測定【除菌の方法】加湿量「強」・除菌脱臭「強」で運転【対象】浮遊した菌【試験結果】8分後に99%以上抑制【試験番号】北生発 2021_0621号

■付着菌

★実使用空間での検証結果ではありません。

菌減少率(%)と時間のグラフ
【試験機関】一般財団法人 北里環境科学センター【試験方法】約125m²(約78畳)の居室でシャーレに付着させた菌数の変化を測定【除菌の方法】加湿量「強」・除菌脱臭「強」で運転【対象】シャーレに付着した菌【試験結果】12時間以内に99%以上抑制【試験番号】北生発 2021_0619号

【脱臭】

■脱臭(アンモニア)

★実使用空間での検証結果ではありません。

空間アンモニア濃度(ppm)と時間のグラフ
【試験機関】株式会社環境管理センター【試験方法】約6畳の密閉空間において臭気強度3相当の濃度ガスで満たし、ガス検知管法にて検証【脱臭方法】加湿量「強」・除菌脱臭「強」で実施【対象】約6畳の密閉空間の空間臭【臭気成分】アンモニア【試験結果】20分で臭気強度1.9に低減(自然減衰3.2)
臭気強度

オプション

ブースト換気でCO2濃度を
自動抑制。

専用リモコンにCO2センサーを内蔵。CO2を検知し、1,000ppmを超えると連動した換気扇(別売)が運転。

CO2濃度の上昇を自動で抑制します。

接続イメージの画像

施工概要

施工概要のイメージ画像

施工風景

  • 本体の取り付け

    本体の取り付け

    本体は吊ボルト4本に防振吊金具を使用し水平(前後左右ともに1°以内)に取り付ける。

  • ダクトの取り付け

    ダクトの取り付け

    SA側のダクトは次亜塩素酸対応不燃チューブを使用

  • 給気・換気グリルの取り付け

    給気・換気グリルの取り付け

    給気グリル(SA側)は次亜塩素酸対応 給気グリルを使用。

  • 給水・排水配管の取り付け

    給水・排水配管の取り付け

    給水圧(0.15~0.5MPa)、排水配管の下り勾配(1/100)、水漏れ確認、断熱処理等、工事説明書に記載の注意事項を確認。

  • 初期設定と試運転

    初期設定と試運転

    専用リモコンと本体の電装ボックス内のスイッチで初期設定と試運転を実施。

  • 施工前の確認ポイント

    • ・本体とダクト施工をするための天井内スペースはあるか?
    • ・給水をどこから引いてくるか?
    • ・排水ルートはどのようにするか?
    • ・単相200V電源はどこから
      引いてくるか?

    ※必ず工事説明書に記載の注意事項をご確認ください。

■標準プラン例

●掲載商品の価格には、配送、設置工事(電気工事・給排水工事・ダクト工事等)等の費用は含まれておりません。

下記表の品番をクリックすると、VAソリューションカタログへ移動し、詳細をご覧いただけます。

品名 品番 本体希望小売価格(税抜) 個数 価格(税抜)
天井埋込形ジアイーノ FY-350JCD1 750,000円 1 750,000円
防振吊金具 FY-04BGH 8,700円 1 8,700円
専用リモコン FY-SCGP1 59,000円 1 59,000円
次亜塩素酸対応 不燃チューブ
SAφ150 (6m)
FY-KXNU606 55,800円 2 111,600円
次亜塩素酸対応 不燃チューブ
SA φ150 (2m)
FY-KXNU602 19,000円 4 76,000円
次亜塩素酸対応給気グリル
SA φ150用
FY-BJSU06 15,700円 4 62,800円
ルーバー φ150用 FY-27L46 7,200円 4 28,800円
分岐Y管 FY-YHH661 12,800円 2 25,600円
フレキチューブ RA
φ150 (4m)
FY-KXP604 17,000円 2 34,000円
換気ボックス RA
φ150用
FY-BGH271 9,000円 2 18,000円
ルーバー φ150用 FY-27L46 7,200円 2 14,400円
計 1,188,900円

■適用床面積の目安

1部屋を1台で対応 2部屋を1台で対応 4部屋を1台で対応 8部屋を1台で対応
除菌脱臭運転
〈強〉
使⽤推奨床⾯積 63m²〜125m² 32m²〜63m²/1部屋 16m²〜32m²/1部屋 8m²〜16m²/1部屋
吹出⾵量⽬安 1m²あたりの吹出⾵量:2.8〜5.6m³/h
除菌脱臭運転〈強〉
使⽤推奨床⾯積 吹出⾵量⽬安
1部屋を
1台で対応
63m²〜125m² 1m²あたりの吹出⾵量:
2.8〜5.6m³/h
2部屋を
1台で対応
32m²〜63m²
/1部屋
4部屋を
1台で対応
16m²〜32m²
/1部屋
8部屋を
1台で対応
8m²〜16m²
/1部屋
※規定した使用推奨床面積以下の場合、次亜塩素酸の濃度が濃くなる可能性があるため分岐本数を多くする・風量ノッチを本体で下げるといった対処方法で、適正濃度になるよう設計をお願いします。 
※次亜塩素酸の濃度は実空間において建物条件で左右されます 
※各空間に対する風量や推奨面積は試験およびシミュレーションを基準に設定したもので、実空間において建物条件で左右されます。 
※除菌脱臭に関するエビデンスは、除菌脱臭「強」で検証しています 
※除菌脱臭「中」、除菌脱臭「弱」運転の場合は、除菌脱臭に時間がかかることが想定されます。 
※記載以下の床面積で使用されると塩素臭が強く感じられる可能性があります 
※最小床面積:ニオイなどを強く感じる可能性が高くなる面積 
※最大床面積:除菌脱臭のエビデンスに基づく推奨床面積 
※使用推奨適床面積のCH基準は2,700mmを想定しています

■システム構成ルール

【SA側・設計ルール】

Φ150の場合:分岐なし〜最大8分岐まで
目安:本体〜SAグリルまで合計15m・10曲曲がりまで(分岐最長距離)(※システム圧損110Paを超えないようにすることが本ルールの目的です。)
Φ100を混ぜる場合:4分岐〜最大8分岐まで
目安:本体〜SAグリルまで合計10m・5曲曲がりまで※ただし、φ100は6mまで(分岐最長距離)(※システム圧損110Paを超えないようにすることが本ルールの目的です。)

【RA側・設計ルール】

Φ150の場合:分岐なし〜最大8分岐まで
目安:本体〜RAグリルまで合計15m・10曲曲がりまで(分岐最長距離)(※システム圧損110Paを超えないようにすることが本ルールの目的です。)
Φ100を混ぜる場合:4分岐〜最大8分岐まで
目安:本体〜RAグリルまで合計10m・5曲曲がりまで※ただし、φ100は6mまで(分岐最長距離)(※システム圧損110Paを超えないようにすることが本ルールの目的です。)
  • ●SA側は当社指定のダクト・給気グリル、給気用ルーバーを使用ください。次亜塩素酸による腐食・結露のリスクがあります。
  • ●給気グリルをエアコンなど機器から2m未満で設置しないでください。エアコンなど機器にすぐに吸い込まれ、除菌・脱臭の効果が得られない場合があります。

■水道直結に関する認証について

天井埋込形ジアイーノの水道管への直接連結(水道直結)につきましては、第三者認証を取得しております。その第三者認証においては認証を行う審査機関が5機関ありますが、当社ではその中の1つである「一般財団法人 電気環境安全研究所(JET)」にて認証を受けています(図の給水器具認証マーク参照)。

※認証番号: W016-20034-270
※認証機関(JET)のホームページでもご確認いただけます。
https://www.jet.or.jp/jetdb/kyusui/list_search.php

JET 水道法基準適合のマーク

■動画

  • その他のデジタルカタログを見る
  • 納入事例 脱臭ドライ!「ワイルドナイツ」密着レポート