空間除菌脱臭機ジアイーノは次亜塩素酸(電解水)の力で高い除菌・脱臭効果を発揮します。

除菌・ウイルス抑制

脱臭

安全性

除菌・ウイルス抑制

浮遊ウイルス・浮遊菌

F-JDS70

■浮遊ウイルス

F-JDS70 浮遊ウイルス

【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】25m³の試験空間で浮遊ウイルス数の変化を測定【除菌の方法】F-JDS70を強ノッチで運転【試験対象】浮遊したウイルス【試験結果】7分後に99%抑制を確認 北生発2019_0215号

■浮遊菌

F-JDS70 浮遊菌

【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】25m³の試験空間で浮遊菌数の変化を測定【除菌の方法】F-JDS70を強ノッチで運転【試験対象】浮遊した菌【試験結果】11分後に99%抑制を確認 北生発2019_0202号

F-JDL50

■浮遊ウイルス

F-JDL50 浮遊ウイルス

【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】25m³の試験空間で浮遊ウイルス数の変化を測定【除菌の方法】F-JPH60を中ノッチ※で運転【試験対象】浮遊したウイルス【試験結果】8分後に99%抑制を確認 北生発24_0343_2号

■浮遊菌

F-JDL50 浮遊菌

【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】25m³の試験空間で浮遊菌数の変化を測定【除菌の方法】F-JPH60を中ノッチ※で運転【試験対象】浮遊した菌【試験結果】13分後に99%抑制を確認 北生発24_0343_1号

※F-JPH60の中ノッチはF-JDL50の強ノッチに相当(当社推定)。当社推定の方法:気流シミュレーションによる。

F-JML30

■浮遊ウイルス

F-JML30 浮遊ウイルス

【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】25m³の試験空間で浮遊ウイルス数の変化を測定【除菌の方法】F-JML30を強ノッチで運転【試験対象】浮遊したウイルス【試験結果】15分後に99%抑制を確認 北生発2015_3136

■浮遊菌

F-JML30 浮遊菌

【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】25m³の試験空間で浮遊菌数の変化を測定【除菌の方法】F-JML30を強ノッチで運転【試験対象】浮遊した菌【試験結果】30分後に99%抑制を確認 北生発2015_1136

付着ウイルス・付着菌

F-JDS70

■付着ウイルス

F-JDS70 付着ウイルス

【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】25m³の試験空間で付着ウイルス数の変化を測定【除菌の方法】F-JDS70を強ノッチで運転【試験対象】付着したウイルス【試験結果】55分後に99%抑制を確認 北生発2019_0204号

■付着菌

F-JDS70 付着菌

【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】25m³の試験空間で付着菌数の変化を測定【除菌の方法】F-JDS70を強ノッチで運転【試験対象】付着した菌【試験結果】45分後に99%抑制を確認 北生発2019_0203号

F-JDL50

■付着ウイルス

F-JDL50 付着ウイルス

【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】25m³の試験空間で付着ウイルス数の変化を測定【除菌の方法】F-JDL50を強ノッチで運転【試験対象】付着したウイルス【試験結果】1時間後に99%抑制を確認 北生発2015_2149

■付着菌

F-JDL50 付着菌

【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】23m³の試験空間で付着菌数の変化を測定【除菌の方法】F-JDL50を強ノッチで運転【試験対象】付着した菌【試験結果】1時間後に99%抑制を確認 北生発2015_0149

F-JML30

■付着ウイルス

F-JML30 付着ウイルス

【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】25m³の試験空間で付着ウイルス数の変化を測定【除菌の方法】F-JML30を強ノッチで運転【試験対象】付着したウイルス【試験結果】2時間後に99%抑制を確認 北生発2015_3149

■付着菌

F-JML30 付着菌

【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】23m³の試験空間で付着菌数の変化を測定【除菌の方法】F-JML30を強ノッチで運転【試験対象】付着した菌【試験結果】4時間後に99%抑制を確認 北生発2015_1149

脱臭

F-JDS70

■アンモニア

F-JDS70 アンモニア

【試験機関】パナソニック エコシステムズ株式会社【試験方法】6畳試験室において一定濃度の臭い成分で満たし、ガス検知管法にて検証【脱臭の方法】F-JDS70を強ノッチで運転【脱臭の対象】室内空気【試験結果】60分で約92%減少(対初期濃度) 60分で約80%減少(対自然減衰)

F-JDL50

■アンモニア

F-JDL50 アンモニア

【試験機関】パナソニックエコシステムズ株式会社【試験方法】6畳試験室において一定濃度の臭い成分で満たし、ガス検知管法にて検証【脱臭の方法】F-JDJ50を運転(強)【脱臭の対象】室内空気【試験結果】60分で約95%減少(対初期濃度) 60分で約55%減少(対自然減衰)

※F-JDJ50の中ノッチはF-JDL50の強ノッチに相当(当社推定)。当社推定の方法:気流シミュレーションによる。

F-JML30

■アンモニア

F-JML30 アンモニア

【試験機関】パナソニックエコシステムズ株式会社【試験方法】6畳試験室において一定濃度の臭い成分で満たし、ガス検知管法にて検証【脱臭の方法】F-JML30を強ノッチで運転【脱臭の対象】室内空気【試験結果】60分で約70%減少(対初期濃度) 60分で約30%減少(対自然減衰)

■下記のニオイに対応します。

し尿臭
  • アンモニア
  • 硫化水素
  • インドール
  • トリメチルアミン
  • メチルメルカプタン
  • スカトール
体臭
  • アンモニア
  • 酢酸
  • ノネナール
  • イソ吉草酸
ペット臭
  • アンモニア
  • トリメチルアミン
  • イソ吉草酸
  • メチルメルカプタン
生ごみ臭
  • アンモニア
  • トリメチルアミン
  • メチルメルカプタン
調理臭
  • 酢酸
臭気成分 試験結果
(対初期濃度)
イソ
吉草酸
約60分で
95%減少
【試験機関】パナソニック エコシステムズ株式会社【試験方法】6畳試験室において一定濃度の臭い成分で満たし、イソ吉草酸:加熱脱着GC/MS法、硫化水素・メチルメルカプタン:GC-FPD法(悪臭防止法準拠)、酢酸・トリメチルアミン:ガス検知管法にて検証、ノネナール:DNPH固相吸着/HPLC法にて検証【脱臭の方法】F-JDJ50を強ノッチ※で運転【脱臭の対象】室内空気【当社推定の方法】気流シミュレーションによる※F-JDJ50の強ノッチはF-JDL50の強ノッチに相当(当社推定)
硫化水素 約120分で
95%減少
メチルメル
カプタン
約10分で
90%減少
酢酸 約60分で
95%減少
トリメチル
アミン
約60分で
55%減少
ノネナール 約120分で
65%減少
インドール 約30分で
90%減少
【試験機関】パナソニック株式会社解析センター【試験方法】1m³試験室において一定濃度の臭い成分で満たし、インドール・スカトール:加熱脱着GC/MS法にて検証【脱臭の方法】10mg/Lの次亜塩素酸水を入れた当社加湿器(FE-KFE10)を弱ノッチ(2.1m³/min)で運転【脱臭の対象】室内空気
スカトール 約30分で
80%減少

安全性

大項目 小項目 検証機関 報告書番号 条件概要 結果
電解水 電解水
成分分析
(一社)群馬県
薬剤師会
環境生試験センター
第 他-335号~340号
(2006)
沖縄県北谷浄水場、大阪府枚方市浄水場の水道水を電解し、水道法に基づく水質分析を実施、電解による副生成物濃度を確認 水質基準値内であることを確認
皮膚一次
刺激性試験
(一財)日本食品
分析センター
第505060351-001号
(2005)
皮膚に傷があるウサギに11±1mg/Lの電解水を塗布し、72時間経過を観察 無刺激性の判定
皮膚感作性
試験
(一財)日本食品
分析センター
第505060351-002号
(2005)
11±1mg/Lの電解水をモルモットの皮内へ注射し、感作誘発処理を実施 皮膚感作性なし
電解ミスト ラット吸引
毒性試験
岡山大学 実験動物と環境
Vol.13.p.51-56
(2005)
電解水濃度100mg/Lまでの電解水をラットに90日間吸入させた 体重変化・血液変化・呼吸器の組織観察を行い、異常なし
エレメント 28日間反復
毒性試験
群馬県衛生環境
研究所
H-220709
(2011)
VW-SF10C吹出口から出てくる空気をマウスに28日間吸引させた 体重変化・血液変化・呼吸器の組織観察を行い、異常なし
90日間反復
毒性試験
群馬県衛生環境
研究所
H-220908
(2011)
VW-SF10C吹出口から出てくる空気をラットに90日間吸引させた 体重変化・血液変化・呼吸器の組織観察を行い、異常なし
塩素ガス
定量分析
(株)環境技術 SK1001025
(2010)
開放空間および閉鎖空間にて機器を運転し、吹出し空気中に含まれる塩素ガス濃度を測定 いずれも検出限度以下(0.1ppm未満)塩素ガスの環境基準は0.5ppm(TWA)
ガス成分
分析
EX pornent社 1001893.000 01F1
0810 JH27
(2010)
VW10BGの噴出口から空気をサンプリングし、空気中に含まれる塩素化合物を定量分析 いずれの塩素化合物とも基準値以下
EX pornent社 1001893.000 01F1
0810 JB27
(2010)
ダクト組込型VWを通過した空気をサンプリングし、空気中に含まれる塩素化合物を定量分析 いずれの塩素化合物とも基準値以下
左
右
大項目
小項目
  • その他のデジタルカタログを見る
  • iPad専用アプリケーション「換気」アプリ 住宅の提案に関する情報満載
  • 納入事例 脱臭ドライ!「ワイルドナイツ」密着レポート
  • 納入事例 河合塾 ジアイーノで実感!学習環境をチェンジ
  • ziaino 商品特長動画 You Tube