脱炭素社会をめざすスマートファクトリーに

工場の課題

国内製造業の工場立地件数・面積はバブル期の1/4程度で推移していましたが、一時はアジア諸国に進出していた工場が、現地の人件費高騰などにより国内回帰の傾向が出ています。そのような環境下で、IoTやAIの普及によるインダストリー4.0時代が到来。人間、機械、その他の企業資源が互いに通信し合い、製品の履歴管理や製造プロセスを円滑にするスマート工場が注目を集めています。さらに、脱炭素社会に向けてESG(環境・社会・企業統治)を軸に投資先が選別される中、企業のE(環境)への取り組みが注目を集めています。

スマートファクトリー

インダストリー4.0に対応したい

工場でIoTやAI技術を活用するための、導入コストを抑えた情報インフラ整備が求められています。

循環型

環境に配慮し、脱炭素化をめざしたい

工場で使う熱や水を再利用して周辺環境への影響を抑えることが求められています。さらに、CO2排出量削減も課題です。

安定稼働

24時間365日、安定稼働したい

工場を安定稼働させるための防災・セキュリティシステムが課題です。また、災害時のBCP体制も求められています。