多くのライバルから選ばれるホテルに

パナソニックのソリューション提案

外国のゲストに極上の“おもてなし”を

2000年には約476万人だった訪日外国人数は、2018年には約3,120万人に迫り、政府は2030年には6,000万人を目標として受け入れ環境を整備するとしています※。訪日外国人客の平均宿泊日数は長期化して、グループや家族で地方を周遊する外国人客も増えています。外国のゲストに選ばれるポイントは、宿泊だけでない付加価値や体験という“おもてなし”です。
※日本政府観光局 日本の観光統計データより

外国のゲストに極上の“おもてなし”を

訪れた瞬間から感動を

ホテルの第一印象を決定するエントランスとロビー。グレード感が高い空間の光を時間によって変化させることで、訪れる時によってホテルのイメージを大きく変化させます。

訪れた瞬間から感動を

異なる文化の人も快適な空間に

目の色によって明かりの強さが違って感じるので、明るい照明を不快に感じるゲストがおられます。また、部屋に持ち込まれた食べ物や香水などのニオイが部屋に残ってしまう課題も。多様な国の方をお迎えするには客室環境への配慮も必要です。

SNSを味方につける

国内外のゲストがホテルを選ぶ際に、SNSなどの評価を参考にされるようになりました。非日常が体験でき、自慢できるようなインスタ映えする空間が求められています。

SNSを味方につける

パナソニックがご提案する「外国のゲストに極上の“おもてなし”を」についてのお問い合わせはこちらから

お問合せ

多目的空間を多彩に演出する

ホテルのバンケットは、結婚式や宴会以外にも会社行事や講演など多彩な用途で使われるようになりました。さらに、展示会やイベント、コンサートなどが行われるMICEに対応するためには、より高度な演出も必要になっています。

多目的空間を多彩に演出する

光”によって使い分ける多目的空間

MeetingやIncentiveではパーティなども行われるため、スポットライトを中心とした照明演出が重要。また、学会や総会などのConvention用途では、オフィスに準じる机上面照度の確保が求められます。さらにEventでは光・映像・音響をミックスした環境を。“光” によって多目的空間を有効に使い分けます。

“光”によって使い分ける多目的空間

パナソニックがご提案する「多目的空間を多彩に演出する」についてのお問い合わせはこちらから

お問合せ

ゲストの安心・安全を最優先

万一の火災時には、早急に出火場所を特定して初期消火を行うとともに、ゲストを安全に誘導するための避難誘導灯や非常放送設備が必要です。この際重要なのは、スタッフだれもが確実に対応できること。操作性に優れた防災受信機と非常放送設備が求められます。

ゲストの安心・安全を最優先

外国の方にも確実な避難誘導を

地震が多い日本では、少しの揺れでも外国のゲストからの問い合わせ電話がフロントに殺到します。日本語だけでなく、分かる言葉で避難誘導してほしいという声も多く寄せられています。多言語による自動非常放送設備や、音と光で誘導する避難誘導灯なら、ゲストを確実に避難誘導できます。

外国の方にも確実な避難誘導を

誤報の少ない防災システムを

最近は、お客様がドアを開けたままバスを利用したり、水蒸気タバコを使用することで煙感知器が警報を出すケースが増えています。非火災報を見分ける賢い防災システムが求められています。

誤報の少ない防災システムを

パナソニックがご提案する「ゲストの安心・安全を最優先」についてのお問い合わせはこちらから

お問合せ