持続可能な社会資本の整備に向けて

交通の課題

国土交通省は第四次社会資本整備重点計画の中で、加速する4つの構造的課題として、インフラ老朽化、脆弱国土、人口減少に伴う地方の疲弊、激化する国際競争を挙げています。その対応策と示されたのが「社会資本のストック効果の最大化を最大限に発揮するための戦略的インフラマネジメント」です。
幹線道路では、高速道路網が未接続の地域を中心に計画的な整備を推進。空港・港湾では、増加する訪日外国人旅行者の受け入れと、国際競争力強化や地方創生などの観点からの整備。また鉄道は、航空機や自動車と比べてCO2排出量の少ない輸送手段として評価されています。
このような戦略的インフラマネジメントを支える設備が求められています。

国土強靱化

災害にも強い交通インフラにしたい

震災時に迂回道路がないと、社会活動が停止してしまいます。道路整備による渋滞解消などが求められています。

国際競争力

激化する国際競争に勝ち抜きたい

世界中から訪日外国人が訪れるようになった国際空港や港湾施設。また来たいと思わせる「おもてなし」のポイントとは?

省エネ

鉄道をより低炭素にしたい

早朝から深夜まで営業している鉄道駅を安全を確保しながら、より低炭素をめざすことが課題です。